JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > あかしユニバーサルフットボール連盟(兵庫県明石市)

あかしユニバーサルフットボール連盟(兵庫県明石市)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

♡あかしユニバーサルフットボール連盟の目的(ビジョン)♡
 明石市を中心に、障がいの有無や障がいの枠を超えスポーツが持っているユニバーサル(普遍的な)力を活かして、豊かで多様な交流の機会を作る。
 明石がより”ごちゃまぜ”のユニバーサルな街になることに貢献する。
 そのため、当事者の家族、支援者、行政、ボランティアなど、様々な方々と協働し、ユニバーサルな大会の企画、障がいのある方も気軽にスポーツを楽しめる環境づくり等に取り組む。

主な活動内容

◆ユニバーサルな大会の企画、運営
 2~3ヶ月に一度、連盟のビジョンに則した、ユニバーサルなフットボール大会を企画、運営をする。
 ◇2019年 4月14日(日)日本健康フットサル連盟大会
 ◇2019年 5月18日(土)135Eネット共催大会
 ◇2019年 6月16日(日)元Jリーガーサッカー教室
 ◇2019年 8月 4日(日)AUFA夏季交流大会
 ◇2019年10月20日(日)第6回あかしごちゃまぜサッカーフェスティバル
 ◇2019年11月17日(日)(一社)明石サッカー協会共催サッカー教室
 ◇2020年 2月 9日(日) AUFA第5回キッズサッカーフェスティバル
 ◇2020年 3月 8日(日)AUFA冬季交流大会

私達のグラスルーツ宣言

明石市を中心に、男女関係なく障がいの有無や障がいの枠を超えスポーツが持っているユニバーサル(普遍的な)力を活かして、豊かで多様な交流の機会を作る。
明石がより”ごちゃまぜ”のユニバーサルな街になることに貢献する。
そのため、当事者の家族、支援者、行政、ボランティアなど、様々な方々と協働し、ユニバーサルな大会の企画、障がいのある方も気軽にスポーツを楽しめる環境づくり等に取り組む。

上記宣言を具現化するための活動内容

■障がい者サッカー・女子サッカー
連盟のビジョンに則し、障がい者や女性のサッカーの活動を支援・確保できるよう支援し、ごちゃまぜに活動できるようイベントを企画して行っています。

■引退なし・補欠ゼロ
ユニバーサルな大会の企画、運営を通して、1~2ヶ月に一度、連盟のビジョンに則した、ユニバーサルなフットボール大会を企画・運営し、男女年齢障がい関係なくいつでもどなたでもごちゃまぜに全員参加のできる場を提供する。

■施設の確保
(一社)明石サッカー協会・(一社)兵庫県サッカー協会と連携し、障がい者の場の確保の支援、スポーツ活動を行う際の場の確保を支援する。明石市大蔵海岸多目的広場を中心に連盟として、予約、確保し、スポーツイベント等を開催することを支援する。また、今後専有の場づくりを目指していく。

■社会課題の取り組み
明石市や(一社)明石サッカー協会と連携し、障がいを持つ方のそれぞれの障がい特性を理解してもらう機会として、スポーツ指導者の勉強会・交流会の開催・連盟として講師を招いた勉強会・交流会を企画し・スポーツの指導を行う方により障害の理解をしていただき、地域のスポーツ活動がユニバーサル化していくための足場作りを行う。また、スポーツの指導ができる方と、指導者を必要とする方、団体とをつなぐ、仲介の役割を果たす。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー