JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 一般社団法人 埼玉県脳性麻痺7人制サッカー協会(埼玉県加須市)

一般社団法人 埼玉県脳性麻痺7人制サッカー協会(埼玉県加須市)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

ミッション:
1.自分らしさを受け入れ合える、温かく共存できるコミュニティを、耕しながら広げていきます。
2.「サッカーをあきらめない」人たちに、「喜びと仲間に出会えていく日常」を届けます。
3.個人でもチームでも深く楽しめるよう、技能とコミュニケーション力を、助け合って高め合います。

主な活動内容

・埼玉県さいたま市を主な活動地域とする、CPサッカー(脳性麻痺7人制サッカー)クラブ、埼玉CPフットボールクラブの運営
・障がい者サッカー同士や、いわゆる健常者と障がい者の垣根をサッカーによって無くしていけるようイベントを開催
・障がい者サッカーの認知度向上と、実際の普及を目的とした事業の実施
・ご本人だけでなく、親御さんに向けての専門的なサポートの機会を提供する

私達のグラスルーツ宣言

私たちは、「障がい者スポーツこそ生涯スポーツであり、障がい者サッカーには障がいの有無を越えて一つになれる魅力があり、サッカーの素晴らしさをより引き出し、関わる人たちの人生を豊かにする力がある」との信念のもと、一人でも多くの仲間と出会い、ともに楽しめるように行動します。

上記宣言を具現化するための活動内容

障がい者サッカー:
①イベントへの協力と主催
地域のNPO法人やサッカー連盟と協力し、障がいの有無にかかわらず参加できるイベントづくりに協力している。また助成金等を活用し、同趣旨のイベントを開催していく。

②講師を招いてのサッカー教室や講演
サッカーの専門性とCPサッカーとの融合を図ることで、上達する喜びを選手たちに実感してもらいたい。また素晴らしい人間性をお持ちのサッカー人に経験を話していただくことで、前向きな思考や行動につながればと考えている。

③発達障がい等を対象としたサッカー教室の実施
障がい者サッカーの各カテゴリーに当てはまらない方々へも、専門の研修を受けた者を講師とし、年に数回実施していく。

社会課題への取り組み:
障がいを持つお子さんの親御さんで、日ごろの関わり方や、医療的関わり、また進路相談等で悩んでいらっしゃる方に向けて、顧問ドクター等の専門家による相談機会を(オンライン含め)設けることで、負担やストレスの軽減につながればと考えている。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー