JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > ネクサスSV(埼玉県比企郡滑川町)

ネクサスSV(埼玉県比企郡滑川町)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • 女子サッカー
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

「サッカーをツールとして、学びに向かう力を育む」
スポーツと福祉、教育を繋げ、地域に貢献する。
多様な学びから、主体的・対話的な学びを実践。
新しい、クラブの価値を提供する。

主な活動内容

小学生~大人を対象としたサッカースクール・チーム活動

私達のグラスルーツ宣言

「サッカーをツールとして」サッカーには沢山の可能性があります。
その可能性を広げ、沢山の方々に認知して頂く為に。
サッカーは誰に対しても平等で、人と人とをつなぐ素晴らしいスポーツであります。
が、サッカーに関わる機会やキッカケが現時点で平等にあるとは思いません。
誰でも、気軽に、サッカーやスポーツと関わることが出来る環境を作る。
そんな環境が整い始めた時に、初めて日本でスポーツが文化として認知され、
家庭でも、学校でもない教育のサードプレイスとしてのサッカークラブやスポーツクラブの価値が高まり、いじめや貧困、教育格差等の社会問題や女性差別、障がい者の余暇活動の場の創出と社会的な理解を「他人事」ではなく、自分たちの問題だよねと考え、皆で前向きに語りあい、考えることが出来る社会が出来上がっていくのだと思います。
沢山のキッカケを作る。当クラブはサッカーをツールとして、様々な縁をつなぎます。

上記宣言を具現化するための活動内容

・引退なし
⇒大人対象のサッカースクールの実施と共に今後大人対象のチーム活動を行う予定。
・補欠ゼロ
⇒補欠ゼロを掲げるFCリアルさん主催「ゼロリーグ」に積極的に参加、また日頃より選手の出場機会を平等にすることが出来る様にチェック。
・女子サッカー
⇒女の子対象のサッカーコース「なでしこコース」を実施。
月に一度、元なでしこセリエリーガ―に活動に参加して頂き、女子選手の可能性と夢を拡げる。
・社会課題への取り組み
⇒チーム活動での「総合学習」では、地域の事業主様や団体の方々に協力して頂き子供たちが多様な経験をしながら地域と繋がる機会を創出。2019年の台風19号被害を受けた家庭を訪れ、被害を風化させない為に話しを聞く。また、「多様な学びプラットフォーム」という地域の団体に所属し、LGBTや不登校児等を対象としたそれぞれの団体との意見交換や活動への協力を行う。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー