JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第10回全日本U-15女子フットサル選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 十文字中が2年ぶり3回目の優勝 JFA 第10回全日本U-15女子フットサル選手権大会
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

十文字中が2年ぶり3回目の優勝 JFA 第10回全日本U-15女子フットサル選手権大会

トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2020年01月14日

十文字中が2年ぶり3回目の優勝 JFA 第10回全日本U-15女子フットサル選手権大会

JFA 第10回全日本U-15女子フットサル選手権大会は13日(月・祝)に大会最終日を迎え、決勝ラウンドの3試合が行われました。十文字中学校(関東/東京)が圧倒的な強さを見せ、2大会ぶり3度目の優勝を果たしました。

準決勝の2試合は同時刻にキックオフとなりました。ピッチAでシーガル広島レディース(中国/広島)と対戦した十勝FSリトルガールズU-15(北海道)は、FP米村歩夏選手が2分に右サイドから立て続けに2点を決めます。さらにFP森和奏選手も追加点を挙げました。難しいスタートとなったシーガル広島レディースも2点を返して1点差に詰め寄ります。その後、前半は両チームが1点ずつを加えて、十勝FSリトルガールズが4-3でリードして終了します。後半に入ると十勝FSリトルガールズが3ゴールを加え、7-3で勝利し、決勝に勝ち進みました。

もう一つの準決勝では、十文字中とカティオーラレディース(九州/大分)が対戦しました。1次ラウンドでは2試合で14ゴールを挙げた十文字中でしたが、三浦喜穂孝監督が「コンパクトにカバーしあうディフェンスをベースにした」というカティオーラレディースの守備に苦しめられます。それでも、GKからの展開をカットして、FP野村亜未選手が先制点を決めます。さらに11分には、相手の守備をパスで崩し、最後はFP野口初奈選手が追加点を挙げました。後半に入るとカティオーラレディースも何度かチャンスをつくりますが、十文字中からゴールは奪えずに試合終了。十文字中が2大会ぶりに決勝へ勝ち上がりました。

決勝戦は十勝FSリトルガールズと十文字中の対戦となりました。十文字中がボールを保持する展開となっていたものの、なかなか攻め切れません。それでも9分にキックインからFP太田千満選手が先制ゴールを挙げて前半を折り返します。後半の立ち上がりにも野村選手が追加点を決めた十文字中は、その後も優位に試合を進めていきます。1年間、フットサルに取り組む時間を増やした十文字中は、キックインから2点を加えて4-0で勝利。1次ラウンドで攻撃力を見せつけた彼女たちは、決勝ラウンドの2試合は無失点で通算3度目となる日本一に輝きました。

監督・選手コメント

大滝靖 監督(十文字中学校)
1次ラウンドから昨年優勝した福井丸岡ラックと同組になり、そこを倒そうという思いが選手たちにありました。予選で倒せたことは、モチベーションアップにつながりました。昨年の負けた悔しさがあり、今年はフットサルに取り組む時間を増やし、フットサルの合宿なども行いました。男子のリーグ戦にも参加しましたし、サッカーに生かすためのフットサルというところからもう一つ進み、フットサルで勝つためにどうすればいいかを考えながら取り組むことができました。子どもたちの成長にもつながるので、来年度以降も参加していきたいと考えています。

FP #10 野口初奈 選手(十文字中学校)
2年前も優勝できたのですが、昨年は3位で終わっていたので、今年は優勝できて本当に良かったです。優勝できた要因は、同じセットの5人全員の信頼関係が強く、結束力があったので、パスを出す前に受け手が走ってくれているような関係ができていたことだと思います。日本一になることができて嬉しいですし、昨年の準決勝は相手にロングボールを蹴られて対応できず、あまり活躍できなかったのですが、今日は同じことを繰り返さずに対応できたので良かったです。

FP #7 太田千満 選手(十文字中学校)
昨年、準決勝で負けた悔しさを晴らすことができて良かったです。今日の試合は両チームとも相手が引いてきました。私はピヴォなのですが、自分ひとりで打開することだけではなく、チーム全体で崩すこと、攻撃することを意識していました。高校ではサッカー中心になると思いますが、フットサルで培った技術やフットサルならではの動きをサッカーで生かして、サッカーでも全国の舞台で優勝したいと思います。

FP #9 森和奏 選手(十勝FSリトルガールズU-15)
自分たちがやり残したことはないのですが、練習の時から「全国優勝」を目標に掲げてきたので、その悔しさは残っています。十文字中は強かったですし、これが全国トップのレベルなんだなと感じさせられました。フットサルをやることで、動き方やプレースピードの面がサッカーにも生きてくると感じています。高校でもサッカーを続けていくので、今大会の経験を、自分のこれからに生かしていきたいと思います。

FP #9 板村真央 選手(シーガル広島レディース)
私はまだ1年生なので、今大会は良い経験になりました。全国大会で対戦した選手たちはみんなうまかったので、自分ももっとうまくなりたいなと思いました。ピヴォやアラでプレーしていますが、シュートを外してしまった場面もあったので、もっと決定力を付けてきたいと思います。フットサルを始めたのは中学からですが、とても楽しいです。3位になれたのは自信になりましたし、同学年の選手たちとまたこの場に戻ってこれるように頑張りたいと思います。

準決勝 シーガル広島レディース vs 十勝FSリトルガールズU-15

準決勝 十文字中学校 vs カティオーラレディース

決勝 十勝FSリトルガールズU-15 vs 十文字中学校

大会期間:2020/1/12(日)~2020/1/13(月・祝)
大会会場:三重県営サンアリーナ(三重県伊勢市)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー