JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 一般社団法人キッズブーケプロジェクト(東京都港区)

一般社団法人キッズブーケプロジェクト(東京都港区)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

「だれかを応援することが、夢を探すきっかけになる」を合言葉に、子供たちが自ら制作したブーケを、スポーツなど特定分野で頑張る大人たちに贈呈し、尊敬や感動などの気持ちを届ける取り組みです。 ブーケ制作を通して、花の命や個性を学びながら、自分自身や他人の個性と照らし合わせて偏見や差別なく受け入れあい、自分自身の夢を見つけるきっかとなる様、活動しています。

主な活動内容

サッカー選手へのブーケ(花束)制作・贈呈・応援

私達のグラスルーツ宣言

私達は、「様々な子ども達」と一緒に「様々な分野のサッカーの応援」をします。
普段からサッカーをやっている子も、やっていない子も、年齢・障がい・性別・取り巻く環境に関係なく一緒取り組みます。それぞれのサッカー分野特有の応援の楽しさを知り、「サッカーを軸にし」だれでもサッカーファミリーとしてJoinすることが出来る取り組みのひとつとします。この活動を通し、子ども達が個性を大切にしあえる力を養い、みんなで共生社会を実現したいです。

上記宣言を具現化するための活動内容

◆アンプティサッカー日本選手権応援
行政と連携し地域の子ども達と、事前準備。アンプティサッカー体験会、ユニバーサルブーケの考案、ブーケ材料の制作、応援の練習、ブーケ制作、試合観戦、ブーケ贈呈。

◆ブランドサッカー日本選手権応援
行政と連携し地域の子ども達と、事前準備。ブラインドサッカー体験会、ユニバーサルブーケの考案、ブーケ材料の制作、応援の練習、ブーケ制作、試合観戦、ブーケ贈呈。

◆オルカ鴨川FCの応援
地域の南房総の花産地と連携し、地域の高校生(安房高校)による企画・運営。地域子ども達と行政の協力を得て、地域の女子サッカーを、地域の子ども達と、地域の花のブーケで応援する取り組み。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー