JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > しもあおベース(静岡県藤枝市)

しもあおベース(静岡県藤枝市)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

「しもあおベース」は近隣の子供達の遊び基地です。
誰でも一緒に仲良く色々な遊びを楽しめる場所です。

主な活動内容

・子供達の遊び場作りとその場所の開放
・遊びに来た全員が仲良く一緒に楽しめる場所の確保
・地域住民へのコミュニケーション場所の提供

私達のグラスルーツ宣言

・引退なし:
元々は小学生の登校場所が始まりです。今ここに集まる子達は小中生ですが大人になったら今度は子供達と一緒に遊んでくれるはずです(またそれを目指しています)。いつまで経ってもどこに行っても戻って来れる場所にしたいと思っています。

・補欠ゼロ:
近所の子供達が三々五々集まり、自分達で創意工夫をして遊んでいます。当然そこに補欠はありません。全員が主役です。

・施設の確保:
しもあおベースは畑を埋め立てて、ネットや人工芝もセルフビルドして作りあげました。石拾いは勿論、ネット支柱工事も子供達が出来る範囲で手伝ってくれました。ここはみんなで作ったみんなのフィールドです。

・社会課題への取り組み:
昨今では放課後安全に自由に遊べる場所も少なくなり、また習い事ばかりで学年を超えた近所の子供同士のコミュニケーションの場も同様ななかで、しもあおベースに来れば誰かいるし誰か来る、元気な子供達のあるべき姿と学年や年齢を超えた遊び場として有意義な場所になっています。

上記宣言を具現化するための活動内容

・引退なし:
現小学生が中学になっても遊びに来るね、と言っています。また現在の中学生も遊びに来ています。親子で遊びに来る方もいます。ここは、いつでも、だれでも、遊べる場所として、みなさんに周知しています。

・補欠ゼロ:
遊びのルールは当事者である子供達に任せてあります。学年や経験に関係なく遊びに来た全員でミニゲームが始まります。途中でから来た子もOKです。みんな仲良く一緒に楽しみます。

・施設の確保:
「しもあおベース」はいつでも開放してあり、だれでも自由に遊べる場所です。

・社会課題への取り組み:
子供達の遊び方の範囲を広げ、得意になればスポーツにも繋がります。また知らない子供同士が出会う事でコミュニケーション能力を高め、学年や年齢を超えた交流により助け合い等の心も育てます。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー