JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 雨中の2部練習で質と精度を高める

ニュース

なでしこジャパン 雨中の2部練習で質と精度を高める

2020年11月26日

なでしこジャパン 雨中の2部練習で質と精度を高める

なでしこジャパンは11月25日(水)、活動3日目を迎え、期間中で唯一の2部練習を行いました。

時折雨が降る中行われたこの日のトレーニングのテーマは攻撃に重点を置いた内容で、午前は5対5に1人のフリープレイヤーを配置した形や、ゴールを6つ配置した形のポゼッショントレーニングに、FWとMFの選手はゴール前の崩し、DFとボランチの選手たちは後方からのビルドアップを別グループに分かれてそれぞれの課題にアプローチした内容でトレーニングを実施。最後はそれを組み合わせて、守備ラインから前線につないでゴールを奪う形を全員で共有しました。

午後は雨脚も強まる中、午前のトレーニングからの継続性を持たせる形でポゼッションを重視した内容のまま、GKも配置してより試合に近い状況を作ったメニューとなりました。5対5+GK、 4対4+GK、8対7+GKと進み、最後は9対9のゲームで締め、取り組んだことをゲームに反映させたトレーニングを終えました。

今回のキャンプでなでしこジャパンは、日本の生命線でもある「ボールを奪われずにゴールを目指すこと」の質を高めると共に、「ゴール前を崩すイメージを共有してその質を高めること」に取り組んでいます。大部由美コーチはこの日のトレーニングを終えて、「後方の選手は、安定したビルドアップからクサビのパスや逆サイドへの大きな展開が多く見られましたし、前線の選手はDFラインの背後を狙う動きが増え、更には動き直しからのコンビネーションで幾度もチャンスを作っていました」と振り返り、「チームの狙いを共有できたので、期間中のトレーニングマッチでトライし、今後は更に質を上げていきたい」と選手への期待を話しました。

選手コメント

GK スタンボー華 選手(INAC神戸レオネッサ)
なでしこジャパン初選出は本当にびっくりしました。狙ってはいましたが、今年からリーグ戦に出られるようになって、このタイミングで呼んでもらえることを嬉しく思っています。試合に出られるようになり、自分のシュートストップが通用するということを再認識できましたし、キック力というところで、前からくる相手を裏返すプレーが上達したと感じています。代表チームは、練習に入る前は和やかで楽しくワイワイしていますが、練習が始まった瞬間の目の色が変わる感じ、雰囲気が変わる感じは、これが世界で何度も戦ってきたグループなんだと感じさせられました。池田選手、松本選手という先輩選手とトレーニングしていますが、ふたりともキャッチやキック、ポジション取りといった基礎技術レベルが高くて、その上で自分の味を出してプレーできているのがすごいと思います。

DF 宝田沙織 選手(セレッソ大阪レディース)
前日から熊谷選手とセンターバックコンビを組んで練習しましたが、攻撃時のリスク管理や、自分の立ち位置を細かく教えてくれて勉強になっています。センターバックから攻撃が始まると考えたときに、パススピードであったり、足元へのパスなのかスペースに出すのか、そういった点を考えているのと、選択肢をたくさん持つように常に考えて取り組んでいます。攻撃参加を意識している中で、味方の位置や、味方が受けやすいタイミングという点は常に考えています。前線からの守備において、まだまだ迷ってしまって声が出ない時があるので、自分からしっかり伝えて前の選手を動かさないといけないなと感じています。隣で熊谷選手がずっとフォワードの選手やサイドハーフの選手と全体に声をかけているのは見習いたいですし、球際の強さや、相手と常に駆け引きをしている姿を見てあらためてすごいと感じました。

FW 浜田遥 選手(マイナビベガルタ仙台レディース)
なでしこジャパンには呼ばれたことがなかったので今回招集されて本当に嬉しかったです。ここまで参加してみて、レベルの高い選手が多く、毎日の練習の中で学ぶところがたくさんあるので楽しいです。今年は結果にこだわって取り組んできたので、2桁得点するために練習に取り組んできた結果の(なでしこリーグでの)15ゴールだと思います。自分は足元の技術が高いというわけではなく、運動量や前への推進力が売りなので、全力でボールに食らいついていきたいと思います。ポストプレーでボールを収めることも意識して取り組んできたので、そこを更に続けて、その次のプレーとして自分の長所である守備の背後への抜け出しが生きてくると思うので、ミスなく頑張りたいと思います。

スケジュール

11月23日(月・祝) PM トレーニング
11月24日(火) PM トレーニング
11月25日(水) AM/PM トレーニング
11月26日(木) PM 合同トレーニング ふたば未来学園高
11月27日(金) PM トレーニング
11月28日(土) AM トレーニング
11月29日(日) AM 合同トレーニング いわきFC U-18

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー