JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2019年 > 国際親善試合 ~スペイン遠征~ > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 親善試合第2戦 スペイン代表に大差で敗れる【海外遠征(11/25-12/5@スペイン)】

ニュース

フットサル日本代表 親善試合第2戦 スペイン代表に大差で敗れる【海外遠征(11/25-12/5@スペイン)】

2019年12月04日

フットサル日本代表 親善試合第2戦 スペイン代表に大差で敗れる【海外遠征(11/25-12/5@スペイン)】

親善試合
2019年12月3日(火) キックオフ時間 20:30(現地時間) 試合時間 40分(20分ハーフ)
Pabellon Muncipal Jorge Garbajosa(スペイン/マドリード)

フットサル日本代表 1-9(前半0-4、後半1-5)フットサルスペイン代表

得点
2分 失点(フットサルスペイン代表)
5分 失点(フットサルスペイン代表)
7分 失点(フットサルスペイン代表)
8分 失点(フットサルスペイン代表)
23分 失点(フットサルスペイン代表)
25分 内村俊太(フットサル日本代表)
29分 失点(フットサルスペイン代表)
36分 失点(フットサルスペイン代表)
38分 失点(フットサルスペイン代表)
39分 失点(フットサルスペイン代表)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:安藤良平、平田ネトアントニオマサノリ、加藤未渚実、西谷良介

サブメンバー
GK:ピレス・イゴール
FP:室田祐希、皆本晃、森洸、芝野創太、森村孝志、八木聖人、田村友貴、 内村俊太

出場なし
FP:清水和也、吉川智貴

マッチレポート

12月3日(火)、前日に引続き、フットサル日本代表はスペイン代表と親善試合を行い、第2戦で1-9と力の差を見せつけられる形で敗れました。

試合前のミーティングではブルーノ・ガルシア監督から「ピッチに出ている間は自分達の力を120%出し切って全力で最後まで戦おう。今日は昨日以上に力を発揮できるはずだ。」と伝え、スターティングメンバーには初戦同様に関口優志、安藤良平、平田ネトアントニオマサノリ、加藤未渚実、西谷良介選手の5名をピッチへ送り出しました。

前半、この日のファーストシュートも日本代表からでした。1分、相手ボールを奪った西谷選手が相手陣地へ駆け上がりシュートを放ちますが、ボールは相手選手に当たり得点を奪うことができません。すると直後の2分に今度はスペイン代表が日本陣地の深い位置でパスを受けたピヴォ(最前線のポジション)の選手にキープされ、反転してから打ったシュートはGK関口選手の手をすり抜け、ゴールのサイドネットに突き刺さります。なんとか得点を奪いたい日本代表でしたが、前線からの早いプレッシャーを上手くかわす事が出来ず、立て続けに失点を重ねます。その後、関口選手がビッグセーブを連発し、チームに勢いをもたらしますが、日本代表はスペイン代表の早く、強いプレスに苦戦を強いられ、前半を0-4で折り返します。

後半、最初のチャンスを掴んだのはスペイン代表でした。パスを繋いで日本ゴールに迫りますが、後半よりゴールマウスに立ちはだかるピレス・イゴール選手のファインセーブで難を逃れます。しかし、23分に日本代表のビルドアップの場面でボールを奪われてしまい、5点目となる痛い追加点を奪われます。そこから日本代表が相手ゴールに向かうシーンを多く見せ始めると、25分に中央でボールを奪ってからピッチ右奥で待ち構えていた内村選手にボールが渡ると相手GKの股を抜く、シュートでこの遠征初の得点を奪います。得点直後には日本代表のペースで積極的に相手ゴールに迫り押し込む時間帯もありましたが、セットプレーから失点をしてしまうと流れが再度相手に傾きます。ブルーノ監督は37分より前日同様にパワープレーヤーとして皆本選手をピッチに送り出しますが、試合終了直前にも失点を重ねてしまい、1-9という結果で試合が終了しました。

選手コメント

GK #1 関口優志 選手(名古屋オーシャンズ)
相手の前からのプレスに自分達のフットサルをさせてもらえず、結果の通り完敗でした。
来年のAFCアジア選手権まで時間が無い中で今日のような試合を二度としないように、改善点を修正し常に意識して取り組んでいかなければいけないと感じています。
4年前の出来事を繰り返さないよう、結果にこだわってやっていきます。

FP #5 皆本晃 選手(立川・府中アスレティックFC)
第1戦ではファウルの基準にアジャスト出来ず早い時間に5ファウルをためてしまい自分たちのDFが機能しづらい状況になりました。そこで第2戦は不用意なファウルを減らし自分たちの守備が出来る状況をしっかり作れるようにしましたが、逆に守備の圧力が弱くなってしまい上手くそこを相手に利用されてしまいました。第1戦でも力の差を感じてはいましたが第2戦ではその差をスコアでしっかりと見せつけられてしまいました。
この敗戦をただの敗戦で終わらせる訳にはいきません。次に対戦出来るのはワールドカップしかありません。その日までに1ミリでもこの差を縮められるように残り少ない時間ですが全力で取り組んでいきたいと思います。

FP #7 安藤良平 選手(名古屋オーシャンズ)
2戦とも自分達が望んだ結果には出来ず、個人としても相手のピヴォに良いようにやられてしまい悔しさしか残らない遠征になってしまいました。この現状は受け入れるしかないですし、危機感をもって今後取り組んで前に進んで行きたいと思います。

スケジュール

11月26日(火) AM/PM トレーニング(公開)※場所未定
11月27日(水) AM/PM トレーニング(公開)※場所未定
11月28日(木) PM トレーニング(公開)※場所未定
11月29日(金) AM/PM トレーニング(公開)※場所未定
11月30日(土) PM トレーニング(公開)※場所未定
12月1日(日) AM/PM トレーニング(公開)※場所未定
12月2日(月) AM トレーニング(公開)※場所未定
0-3 親善試合 vs フットサルスペイン代表
(Pabellon Deportivo Rey Felipe VI)
12月3日(火) 1-9 親善試合 vs フットサルスペイン代表
(Pabellon Muncipal Jorge Garbajosa)

※時間はすべて現地時間です。
※トレーニングの公開/非公開については、会場の都合により変更させていただく場合がございます。
※トレーニング公開時の動画撮影・SNS投稿については禁止とさせていただきます。写真撮影/投稿については制限しておりません。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 ~スペイン遠征~

日程:2019/11/25(月)~2019/12/5(木)

試合情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー