JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル女子 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本女子代表 世界女子フットサルトーナメント活動レポート(12/6)

ニュース

フットサル日本女子代表 世界女子フットサルトーナメント活動レポート(12/6)

2014年12月07日

フットサル日本女子代表 世界女子フットサルトーナメント活動レポート(12/6)

第5回世界女子フットサルトーナメントに参加するフットサル日本女子代表は、12月5日に成田空港に集合、アトランタを経由し同日の夜にコスタリカの首都サンホセに到着しました。長時間の移動でしたが、選手に疲れの色は見えませんでした。

12月6日は午前9時からトレーニングをスタート。トレーニング前のミーティングで、在原監督は「自分のことよりもチームのことを考えて行動すること。プレーでは、日本独自のスタイルを世界に見せよう。」と選手に語りかけ、チームのコンセプトを再確認しました。午前のトレーニングは、リフティングゲームや、パス&コントロールなど軽めのメニューをこなしました。トレーニング後には、現地コスタリカの日本文化教室に通う生徒たちとフットサルを通じて交流しました。

午後のトレーニングは、より実践的なゲーム形式のトレーニングを行いました。

この日の夜、在コスタリカ日本大使館を訪問しました。美味しい料理に舌鼓を打ちながら、大使館の方々にはたくさんの激励の言葉をいただきました。

監督・選手コメント

在原正明 監督
無事コスタリカに到着し、チームは時差や気候への順応をはじめています。ポルトガル、ロシア、ブラジルといった同じグループのライバルは常に難しい、手強い相手と言わざるを得ませんが、私たちが取り組む新しいスタイルに確信を持ち、日々起こる化学反応を楽しみながら初戦へ向けて調整していくことができれば、準決勝進出のチャンスはあると感じています。同じグループの3か国は前回大会まで常に世界TOP4を占めてきた国々です。初戦から普段の力以上の要素が必要となりますが、その一方で私たちには失うものはなく、常にフレッシュな状態で目の前の試合一つ一つへ焦点を絞って臨むことができると思っています。こうしたポジティブな材料を増やしながら、準備期間を過ごし初戦へ向けて調整を進めていきたいです。

中野絵美 選手(arco-iris KOBE)
1日目を終えて、皆で声を掛け合い、盛り上げながら楽しく練習を行いました。練習中、なかなか上手く行かない場面もありましたが、積極的にコミュニケーションを取り、皆とたくさん話し合い問題を解決しています。

コスタリカに入って全員とプレーするのは初めてなのでまだ戸惑いもあると思いますが、ワールドトーナメント初戦のポルトガル戦に向けてチーム一丸となって全力で頑張っています。

今回の世界女子フットサルトーナメントでの強豪チームと3連戦というのは、なかなか経験出来ないことだと思います。
強豪相手の中で、何が出来るのか、常に目標は高く持ち、全員攻撃、全員守備を意識しながら
前を向いて頑張ります。
フットサル日本女子代表の試合を観る機会はなかなかないと思うので、この遠征から帰国したあとのグリーンアリーナ神戸で行われる初の国際親善試合には是非足を運んでいただきたいと思っています。

横山純子 選手(フウガドールすみだレディース)
遠征1日目を終えて、コスタリカという慣れない土地、言葉、練習場、気候、時差ボケなどいろいろな不安要素もありましたが、短い時間で集中して楽しく練習することができました。

今回のテーマである「密集」も大会の固定メンバーになり理解してきたので、次は残り少ない練習の中でチームメイトそれぞれの特徴を生かせるようなプレーをしていきたいです。

今回、初めて世界の選手と戦いますが、世界の選手はどのくらい上手いのか、自分はどこまで通用するのか、この大会で体感できるのを楽しみにしています。日本代表としてコスタリカ遠征に来たという貴重な経験を無駄にしないよう日々、努力.勉強していきたいです。チーム一丸となって、練習してきた成果を発揮できるよう頑張ります。

スケジュール

12月6日(土) AM/PM トレーニング
12月7日(日) AM/PM トレーニング
12月8日(月) AM/PM トレーニング
12月9日(火) AM/PM トレーニング
第5回世界女子フットサルトーナメント
12月10日(水) 16:00 対 ポルトガル
12月11日(木) 16:00 対 ロシア
12月12日(金) 18:00 対 ブラジル
12月13日(土) AM/PM トレーニング
12月14日(日)   準決勝
12月15日(月)   3位決定戦/決勝戦
12月19日(金) AM/PM トレーニング
12月20日(土) 15:00 国際親善試合 vs 対戦国未定(グリーンアリーナ神戸)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合

2014年12月20日(土) 兵庫/グリーンアリーナ神戸
フットサル日本女子代表 vs 対戦国未定
15:00キックオフ(予定)
詳しくはこちら

日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー