JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2016 [11/11] TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、オマーン戦へ非公開で戦術練習

ニュース

SAMURAI BLUE、オマーン戦へ非公開で戦術練習

2016年11月10日

SAMURAI BLUE、オマーン戦へ非公開で戦術練習

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月9日(水)、2日後のキリンチャレンジカップ2016で対戦するオマーン戦へ向けて茨城県カシマサッカースタジアムで練習を実施。冒頭15分以外を非公開として戦術の確認を行ないました。

親善試合のオマーン戦は、2018年のFIFAワールドカップアジア最終予選第5戦のサウジアラビア戦(15日、埼玉)を前に、最後の実戦の機会です。

この日の練習の冒頭では、23選手が試合会場となるピッチでランニングをする傍らで、MF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)はコンディションを考慮して別メニューで練習。MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)は、10月下旬のドイツ・ブンデスリーガでの試合で痛めた足の負傷のため、グラウンドには姿を見せず、ジムでの調整となりました。

「コンディションはいい」という長谷部選手は、「新しい選手が入ってきて、オマーン戦は特に試すことが多いと思う。そこで競争が生まれることは日本代表チームにとって大きなこと」と話しています。

また、最終予選でまだ出場機会のないDF長友佑都選手(インテル・ミラン)は、「まずはオマーン戦でいい結果を出さなければいけない」と話し、「若い選手はガツガツとやってくれればいい。僕らが代表チームに来た時みたいに、自分が中心になるんだという、ぎらぎらしたメンタルを持ってほしい」と語りました。

今回、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制で初選出となったFW久保裕也選手(BSCヤングボーイズ)は、今夏のリオデジャネイロオリンピックで代表メンバーに選出されながらも所属クラブの都合で見送った経緯があります。

「残念だったが、フル代表しかないので、すぐに切り替えた」と話す久保選手は、現在スイスリーグで3戦連続得点中。2012年2月以来の代表メンバー入りに、「まずは試合に出ないと話にならない。練習でしっかりアピールすることしか考えていない」と意気込んでいます。

なお、オマーン戦の日本選手の背番号が発表になり、昨年6月のアジア2次予選以来の復帰となったFW大迫勇也選手(1.FCケルン)は15番、今年6月のキリンカップ以来の参加のMF小林祐希選手(SCフェーレンフェーン)は14番。フル代表初選出のMF井手口陽介選手(ガンバ大阪)は24番で、久保選手は25番を着けることになりました。

オマーン戦は11日(金)、カシマサッカースタジアムにて19:20キックオフの予定です。

選手コメント

FW 久保裕也 選手(BSCヤングボーイズ)
今回選出されて素直に嬉しかったです。チームで結果を出せたから呼ばれたのかと思います。所属先での得点はチームメイトにゴールさせてもらっている感じですが、チームにフィットして、うまくやれていると思います。チームが2トップなので多分2トップが合うと思われていると思いますが、どういうシステムであれ、攻撃的な選手として、どこからでも狙えるような貪欲さは見せていきたいと思っています。

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラン)
インテルでも2週間で4試合、木曜も90分出ているのでコンディションは問題ありません。最終予選はまだ出場がありませんが、出ても出なくても、しっかりとチームに貢献することだけは忘れずに、試合に出たら、失点をしたくないので守備からしっかり入りたいです。ワールドカップに行かなければという重圧を感じていることは外から見ても感じますが、躍動感がというか「怖いものなし」というメンタルがないと相手への怖さがでません。そういうメンタルをもう一度一人一人が持って、心の底から出す気持ちが大事だと思います。

MF 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト)
監督は試合によってやり方を変えるので、選手がそこをしっかりと理解してやっていく必要があります。臨機応変に柔軟にやって、相手の隙をつくことが大事になると思います。セットプレーで4失点しているのでセットプレーに気を付けなくてはなりませんが、ホームですし、守備よりも攻撃でどこに共通意識を持って戦うか、擦り合わせていく要素が多いと思います。若手には思い切りやって、チームを引っ掻き回して、いい刺激を与えて欲しいです。

DF 森重真人 選手(FC東京)
代表チームはチャレンジと結果が常に付きまとうものですが、最終予選の最中なので監督も試したい部分もあり、チームとしての成熟度を上げたい部分もあります。オーストラリア戦など、今までの試合でできなかったことを修正する試合でもあります。いろいろな意味合いがありますが、みんなが考えながら、思いを持ちながら戦うことが一番だと思います。基本的には監督のやりたいことをみんなで表現しますが、それだけではチームはうまくいきません。監督だけでなく、選手たちも作り上げることが大事だと思っています。

GK 川島永嗣 選手(FCメス)
サウジアラビア戦は、予選グループの順位も勝点も、自分たちにとって本当に大きなターニングポイントになりますし、過去の敗戦を取り返す意味でも本当に大事な試合になると、監督も言っていますが、自分たちもそう認識しています。今回はフレンドリーマッチがあるので、準備する時間は前よりはあると思います。チームとしてやることを、サウジアラビア戦へ向けてフレンドリーマッチで確認していきたいと考えています。 

スケジュール

11月6日(日) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月7日(月) 17:00 トレーニング(鹿島アントラーズグラウンド)【一般公開】
11月8日(火) PM トレーニング【一般非公開】
11月9日(水) PM トレーニング※
11月10日(木) TBC 公式会見(カシマサッカースタジアム)
公式練習(カシマサッカースタジアム)※
11月11日(金) 19:20 キリンチャレンジカップ2016
vs  オマーン代表(茨城県立カシマサッカースタジアム)
11月12日(土) 10:30 トレーニング(茨城県立カシマサッカースタジアム)【一般公開】
11月13日(日) PM トレーニング※
11月14日(月) TBC 公式会見(埼玉スタジアム2002)
公式練習(埼玉スタジアム2002)※
11月15日(火) 19:35 アジア最終予選(Road to Russia)
vs  サウジアラビア代表(埼玉スタジアム2002)

※冒頭15分のみメディア公開
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

キリンチャレンジカップ2016

2016年11月11日(金) 19:20 キックオフ(予定)
茨城県立カシマサッカースタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs オマーン代表
大会情報はこちら

※当日の会場へのアクセスは、大変な混雑が予想されます。行き・帰りの交通手段については、事前の確保をお願いいたします。
会場アクセス/交通案内

アジア最終予選(Road to Russia)

2016年11月15日(火) 19:35キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表)vs サウジアラビア代表
大会情報はこちら

アーカイブ
  • アジア最終予選(Road to Russia)

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー