JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 期間中2回目となる男子との合同トレーニングを実施

ニュース

なでしこジャパン 期間中2回目となる男子との合同トレーニングを実施

2020年10月26日

なでしこジャパン 期間中2回目となる男子との合同トレーニングを実施

なでしこジャパンは25日(日)、今回のキャンプ期間中2回目となる男子との合同練習を実施、40分ハーフのトレーニングマッチも行い、1-3という結果でした。

この日のトレーニングパートナーはいわきFC U-18。「ふたば未来学園より高くて速い」とMF北村菜々美選手が話すと、「ちょっとミスすると一気に来る。圧力がすごい」とMF林穂之香選手も続きます。前半はその表現通りの展開で、完全に受けに回る時間帯になりました。タイミングよくパスを出してもすぐに追いつかれ、長いボールは高い壁に阻まれて跳ね返され、なかなか相手陣内にボールを運べません。それでもGK山根恵里奈選手を中心に体を張った守備で失点は許しません。しかし、徐々に体力が奪われ、ミスも増えてきたところで失点。0-1で前半を折り返します。

前半を終えたDF鮫島彩選手は「120分プレーしたくらい疲れた」と話し、他の選手もこれがトレーニングマッチかと思うほど息を切らしながらピッチを後にしました。

MF三浦成美選手が「前半を見ていて、いいポジションを取ってさばいていこうとイメージした」と話し、「慌てずに繋ぐことを意識してゲームに入った」とFW小林里歌子選手が話すように、前半を自分たちなりに分析した後半組はゲームの改善を図ります。2失点目、3失点目と続いたものの、相手陣内でプレーする時間も増え、GK山下杏也加選手から丁寧に繋ぐサッカーで持ち味を発揮します。すると相手にも疲れも見えてきた終盤、いい形でボールを受けに入ったFW上野真実選手がとっさの判断でこれスルーすると、駆け上がったMF杉田妃和選手がフリーでボールを受けて思い切りよくミドルシュートを放ちます。惜しくもバーを叩いたシュートでしたが、ゴール前に詰めていた上野選手が押し込んで意地の1点をもぎ取りました。

なでしこジャパンの7か月ぶりの活動ものこりあと1日です。

選手コメント

DF 清家貴子 選手(浦和レッズレディース)
今日の試合、前半は差し込まれる時間が長かったのですが、その中でも失点しない粘り強い守備を意識してプレーしました。後半の途中から再度ピッチに戻ったのですが、ボールを回せるシーンも多くなっていたので、自分もその中で積極的に関わりたいと考えて入りました。チームでの守備というのを意識して試合に入りましたが、そこは成長できたところではあると思いますが、自分の持ち味である攻撃についてはもっともっと出せたんじゃないかという風にも思っています。代表チームに最初に選ばれたときはやはり入りきれない部分がありましたが、その後呼ばれる回数も増えて、チームがやりたいことも理解してきましたし、それがだんだんと自分の中に落とし込めてきたと今回感じたので、あとは自分の良さをもっとアピールしていかないとオリンピックメンバーに選ばれることは難しいと思っているので、そこはこれから伸ばしていきたいです。

MF 三浦成美 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
今日のいわきFCとのトレーニングマッチ、自分は後半からのプレーだったのですが、前半を見ていて、相手のプレッシャーに追い込まれているという印象だったので、みんながいいポジションを取って、自分もワンタッチでさばいていこうというイメージで試合に入りました。試合の中では思った以上にスペースを見つけられて、ボールにも絡むことができて、ボールに触る時間は少なかったですが自分らしさは出せたと思います。新たにボランチの選手が増えたので、ライバルは多くなって刺激を受けています。今回は特にビルドアップの部分でパスがつながるなと思う機会が多くて、このメンバーはそうした繋ぐ意識が強いので、自分も負けないようにしつつも、今後が楽しみです。

FW 小林里歌子 選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
今日の試合の前半を見ていて、受け身になって下がってプレーしてしまっていたので、後半は相手のプレッシャーを受けても慌てずに繋ぐことを意識してプレーしました。中央のスペースも空いていましたし、簡単なミスや少しのズレがなければもっとチャンスにできたと思います。試合でのファーストプレーは意識していて、自分がその日積極的にいけるかというところであったり、ミスは起きるものとして、それに流されずに気持ちを切り替えるというところも意識して取り組んでいます。今シーズンは自分の身体としっかりと向き合えていて、筋トレや食事にしろ、自分の体の些細な変化にも気付けるようになったのは大きなことだと感じています。

スケジュール

10月19日(月) PM トレーニング
10月20日(火) PM トレーニング
10月21日(水) AM/PM トレーニング
10月22日(木) 2-1 トレーニングマッチ vs. ふたば未来学園高
10月23日(金) AM トレーニング
10月24日(土) AM トレーニング
10月25日(日) 1-3 トレーニングマッチ vs. いわきFC U-18
10月26日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー