JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン 2022年 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 欧州遠征に向け日本を出発

ニュース

なでしこジャパン 欧州遠征に向け日本を出発

2022年06月21日

なでしこジャパン 欧州遠征に向け日本を出発

セルビア女子代表、フィンランド女子代表と国際親善試合を行うなでしこジャパン(日本女子代表)は6月20日(月)、初戦の地となるセルビアに向けて日本を出発しました。

4月に実施した国内トレーニングキャンプ以来の活動となる今回の遠征には23選手が参加。インターナショナルマッチデーでの活動となるため日本国外でプレーする6選手も招集されています。その中のひとり、杉田妃和選手は昨年10月に行われた池田太監督体制最初のトレーニングキャンプ以来の招集となり、今年1月のアメリカ移籍から約半年が経過し、どのようなプレーを見せるかに注目が集まります。また、自身初招集となった4月のトレーニングキャンプに続き名を連ねた千葉玲海菜選手は、今回の遠征で試合に出場すると国際Aマッチデビューに。今季WEリーグで6得点をマークした勢いそのままに、なでしこジャパンでも存在感を発揮できるか、試金石となる今回の活動です。さらに、現在なでしこジャパンでの通算試合出場数が125の熊谷紗希選手は、同じく通算126試合で5位の安藤梢選手に1試合差に迫っています。かねてから「その数字は気にしていない、1試合ずつ積み重ねるのみ」と語る熊谷選手ですが、2008年の初出場から積み上げた数字の更新に期待がかかります。

今回の遠征で対戦するセルビア女子代表は、女子のFIFAランキングで36位ながら、FIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド2023のヨーロッパ予選で強豪ドイツを3対2で破るなど力強い攻撃に定評があります。その試合でも2得点を挙げたヨバナ・ダムニャノビッチ選手は、熊谷選手も所属するFCバイエルン・ミュンヘンでプレーし、今季のヨーロッパ女子チャンピオンズリーグでは3ゴールをマーク、警戒が必要な選手の1人になりそうです。FIFAランキング29位のフィンランド女子代表は、7月6日(水)に開幕するUEFAヨーロッパ女子選手権2022を目前に控え、6月27日(月)に日本と、7月2日(土)にオランダと国際親善試合を予定。大会直前の最後の調整の場として、万全の準備でこの2試合に臨むことは間違いありません。それぞれ状況の異なる2チームとの対戦ですが、なでしこジャパンにとってはいずれも貴重な対戦相手となります。

WEリーグの1年目や各国リーグでの戦いを終え、束の間のリフレッシュを経て集合した選手たち。アメリカ、スウェーデンでプレーする杉田妃和選手、遠藤純選手、宝田沙織選手、林穂之香選手は現地での合流となりますが、来年のFIFA女子ワールドカップに向けた強化の10日間がスタートしました。セルビア女子代表戦は24日(金)19:45キックオフ(日本時間25日(土)2:45)、フィンランド女子代表戦は27日(月)18:15キックオフ(日本時間28日(火)0:15)です。

選手コメント

GK #1 池田咲紀子 選手(三菱重工浦和レッズレディース)
WEリーグが終了してオフに入っていますが、その中でも来年のFIFA女子ワールドカップに向けて1試合も無駄にできないですし、少しでも上に積み上げていかなければならない状況は変わらないと思っています。ただヨーロッパに行って試合をしてきた、とならないように、少しでも課題と収穫を得て帰ってこられるようにしたいです。2試合あるので、自分は試合に出てしっかりゴールを守りたいという気持ちがあります。個人としても成果を残したいです。前回の欧州遠征はチームが立ち上がってすぐのタイミングで、選手同士もお互いに理解を深めながらの戦いでした。その点で今回はチーム始動から今までの積み上げがあるので、前回は相手にぶつけられなかった分、自分たちのサッカーをぶつけて勝つことを目指したいです。セルビアは激しくプレーするチームだと聞いているので、ファーストプレー、ファーストコンタクトでしっかり行くことで相手にも負けないものをチームとして見せていきたいです。

FW #9 菅澤優衣香 選手(三菱重工浦和レッズレディース)
来年のFIFA女子ワールドカップを見据えた中での試合ですし、遠征に行く機会も限られていて今回も大事な試合になると思っています。いま自分たちがどれだけのプレーができるのか、チャレンジをすればできたこととできなかったことが見つかると思うので、そういう発見のある機会にしたいと良いと思います。自分自身もいま何ができて何が足りないのかを知る機会にしたいです。来月にはEAFF E-1サッカー選手権もあるので、そこに向けてもチームとして良い準備ができればと思います。
個人的にはポジションがFWなので、チームを助ける得点が求められていると思います。決定率を上げることは自分を含めチームとしても必要だと思うので、そこを高めていきたいです。

FW #11 田中美南 選手(INAC神戸レオネッサ)
1、2月に戦ったインドでのAFC女子アジアカップから期間が空いていますし、欧州勢と対戦する機会も多くはないので、E-1サッカー選手権に向けていい内容で勝っていきたいです。まずは勝つことが大事ですし、そのために目標として掲げているアグレッシブなプレーを見せて、守備は無失点で、攻撃は色々なバリエーションを作りながら手数を増やして、様々な形から点を取りたいと思います。個人的にもゴールが取りたいです。
WEリーグがシーズンオフに入って、良いリフレッシュもできました。うまくオンとオフを切り替えられていると思いますし、しっかり身体も作れているので、良いプレーを見せたいです。

国際親善試合

2022年6月24日(金)19:45 キックオフ(日本時間 6月25日(土)2:45) vs セルビア女子代表
会場:Sport Center FAS(セルビア/スタラパゾバ)
大会情報はこちら

2022年6月27日(月)18:15 キックオフ(日本時間 6月28日(火)0:15) vs フィンランド女子代表
会場:Veritas Stadium(フィンランド/トゥルク)
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー