JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会 TOP > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、日韓戦を制し4大会ぶり3回目の優勝 ~EAFF E-1サッカー選手権2019~

ニュース

なでしこジャパン、日韓戦を制し4大会ぶり3回目の優勝 ~EAFF E-1サッカー選手権2019~

2019年12月18日

なでしこジャパン、日韓戦を制し4大会ぶり3回目の優勝 ~EAFF E-1サッカー選手権2019~

なでしこジャパン(日本女子代表)は12月17日(火)、Busan Gudeok Stadiumで、EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会の第3戦 韓国女子代表戦に臨みました。

引き分け以上で優勝が決まるなでしこジャパンは、第2戦から4人を入れ替えた先発メンバー。南萌華選手が3試合連続の先発で、田中美南選手と池尻茉由選手が2トップを形成。第1戦以来の出場となる中島依美選手がゲームキャプテンを務めました。

なでしこジャパンは立ち上がりからボールを保持し、遠藤純選手からのクロスや、宮川麻都選手の攻撃参加で韓国ゴールを狙います。
優勝のためには勝つしかない韓国は、カウンター主体で攻撃。女子の試合では今大会最多4,218人の観客が集まり、地元・韓国チームに大声援が送られました。
なかなか得点が生まれないなでしこジャパンは、前半途中に籾木結花選手が前線に入り、池尻選手がサイドハーフに入って変化をつけます。すると42分、右サイドの籾木選手から中央の田中選手へとボールがつながり、最後は左サイドから中島選手がシュートを放ちましたが、これはゴール上に外れました。

なでしこジャパンは後半から出場した小林里歌子選手が鋭いドリブルで攻撃を活性化させ、そこから多くのセットプレーを得ますが、なでしこジャパンと同様にここまで無失点の韓国も粘り強い守備を見せます。攻撃的な選手を次々投入する韓国に対し、なでしこジャパンは三宅史織選手のカバーリングやGK山下杏也加選手の素早い飛び出しでゴールを守りました。
この試合唯一の得点が生まれたのは88分でした。中島選手がゴール前でボールを受けて籾木選手にボールを渡すと、籾木選手が放ったシュートは韓国のSHIM Seoyeon選手の左手に当たり、ハンドの判定。なでしこジャパンに与えられたPKを、籾木選手自身が落ち着いてゴール右下に決め、ついにゲームを動かしました。

なでしこジャパンは後半4分のアディショナルタイムも集中を切らさず、韓国の猛攻を凌いで1-0の勝利を収め、3戦を通じて無失点の全勝でE-1選手権優勝を決めました。

表彰式では、インターネットでの投票数が最も多い選手に授与される『Most Brave Player』に、籾木選手が選出。ベストGK賞は山下選手が受賞、大会得点王は5得点の岩渕真奈選手、そして大会MVPには3試合無失点完封勝利に貢献した南選手が選出されました。
最後に優勝トロフィーを中島選手が高々と掲げると、釜山の夜空に白い紙吹雪が舞い、4大会ぶり3回目の優勝を選手・スタッフが笑顔で喜び合いました。
なでしこジャパンは、これで2019年すべての活動が終了。来年の東京オリンピックへ弾みをつける優勝となりました。

監督・選手コメント

なでしこジャパン 高倉麻子 監督
優勝できたことを非常に嬉しく思います。もう少し自分たちのリズムで試合を進められればよかったのですが、韓国も素晴らしいチームで、勢いのある縦への攻撃に少し苦しめられる場面が多かったです。日本らしいテンポのいいつなぎが分断されていました。思った通りにいかない中でも、PKながら勝利をもぎ取ったという意味でチームの成長を感じます。選手に「おめでとう」と言いたいですし「来年の五輪に向かってまだまだ成長できる要素がある」とも話したいと思います。

DF #5 南萌華 選手(浦和レッズレディース)
優勝することができて、素直に嬉しいです。今日の試合は特に入場者の数も多かったですし、今大会の3試合の中で一番厳しいゲームになりました。本当に自分が大会MVPに値するかは分からないですが、周りのチームメイトに助けられながら、いただいた賞かなと思っています。今大会は特にDFラインのコントロールを重視しながら試合に臨み、自分が3試合にフル出場して失点0だったというのが評価された部分なのかなと思います。

MF #7 中島依美 選手(INAC神戸レオネッサ)
東アジアで4大会ぶりに優勝できたことはチームとして良かったです。引き分け以上で優勝という状況でしたが、得点を取って勝つというチームとしての方向性を持って臨みました。FIFA女子ワールドカップフランス2019はベスト16という悔しい結果で、チームとしてさらに上を目指さないと、強豪国との差は埋まらないのかなと感じています。今大会は優勝でしたが、やるべきことはもっともっとたくさんあるので、また次に向かって成長していきたいです。

MF #10 籾木結花 選手(日テレ・ベレーザ)
PKでは、狙ったところに蹴ればいいと、そのことだけに集中していました。勝ちはしましたが、内容面ではゴールまでいくシーンがあまり作れませんでしたし、そこはまだまだかなと思います。アジアの戦いは国と国のプライドがぶつかり合う難しいものだと、試合のたびに感じていました。内容がいい時はもちろんですが、自分たちの良さが出せない今日のような時でも、勝てるはずというマインドは今大会で作れたと思います。優勝したことでチームとしての自信をつけることができました。

スケジュール

12月9日(月) PM 公式会見
TBC トレーニング
12月10日(火) TBC トレーニング
12月11日(水) 9-0 第1戦 vs.チャイニーズ・タイペイ女子代表(Busan Asiad Main Stadium)
12月12日(木) TBC トレーニング
12月13日(金) TBC トレーニング
12月14日(土) 3-0 第2戦 vs.中国女子代表(Busan Gudeok Stadium)
12月15日(日) TBC トレーニング
12月16日(月) TBC トレーニング
12月17日(火) 1-0 第3戦 vs.韓国女子代表(Busan Gudeok Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会

大会期間:2019年12月10日(火)~18日(水)
会場:韓国/Busan Gudeok Stadium、Busan Asiad Main Stadium
女子出場国:チャイニーズ・タイペイ、中国、日本、韓国

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー