JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 優勝をかけて臨む韓国戦を前にリフレッシュ ~EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会~

ニュース

優勝をかけて臨む韓国戦を前にリフレッシュ ~EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会~

2019年12月16日

優勝をかけて臨む韓国戦を前にリフレッシュ ~EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会~

EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会に出場しているなでしこジャパン(日本女子代表)は12月15日(日)、最後の韓国戦に向けて体を休める一日となりました。

今シーズンも終盤を迎え、今大会も中2日で2試合を戦ってきた選手たちのコンディションを考慮して、午前中に予定していたピッチ練習はキャンセルし、全選手がホテル内のジムで調整にあてました。中国戦にスタメンで出場したメンバーはリカバリーメニューを、そしてその他の選手はジョギングや体幹トレーニングで軽く汗を流し、リフレッシュに努めました。

午後のミーティングでは、ワールドカップ後の課題と現在地という観点で、広瀬統一フィジカルコーチがチームのパフォーマンス分析を共有。東京オリンピックに向けて個々人の成長がチームを助けると話し、まだまだ伸びしろがあるフィジカルの分野で選手たちのさらなる向上を促します。

続けて行われた中国戦の分析では、相手の強いプレッシャーに苦しみながらも得点を重ねて勝ったことを冷静に受け止めてポジティブに評価し、浮き彫りになった課題については継続して改善を試みていくことの重要性が伝えられました。思い通りにならなかった試合展開をネガティブに捉えるだけではなく、それでも勝利という結果を手繰り寄せることができた勝負強さの要因を分析することで、オリンピック本番でも想定される同様の状況に柔軟に対応できるチーム作りを進めます。

E-1選手権の最終戦 韓国戦は、12月17日(火)19:30キックオフ予定です。

選手コメント

DF 20 松原有沙 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
これまでの代表戦では、いわゆるトレーニングマッチではない試合の出場となると、今年2~3月に行われたアメリカ遠征以来の出場でした。今大会2試合フル出場していますが、観客がいる中で試合に出られることはすごく嬉しいです。アジア勢と戦うのは個人的に久しぶりだということもあり、ワクワクしているというのが率直な気持ちです。ここまで失点ゼロということは、守備陣はもとより、全員がプラスに捉えていますし、もちろん個人的にも自信になっています。次の韓国戦は、勝点だけ見ると失点しなければ優勝は決まるので、守備の選手としてはゼロに押さえたいです。しかし、もちろん引き分けで優勝という結果はチームの誰も望んでいません。まずは韓国の勢いをどれだけ押さえられるか、守備の仕事を考えて、ディフェンスラインが中心になって、どこでプレスをかけるかなど、チーム全体を合わせていけたらと思いますし、攻撃につながるプレーも意識していきたいです。

MF 3 栗島朱里 選手(浦和レッズレディース)
チームの雰囲気はいいと思います。みんなと話す時間も多くあり、サッカーの話もそうですが、一緒にゲームもするなどして、さまざまな形でコミュニケーションが取れています。大会はここまで失点ゼロということで、得点を取れていることはもちろん素晴らしいことですが、失点してないことはとても重要です。選手間には、一人ひとりに「自分がやらなきゃ」という責任感があると感じていて、最終戦となる韓国戦もこのいい流れを保って、守備では無失点に押さえて、そしてゴールを奪って勝ちたいと思います。

MF 19 遠藤純 選手(日テレ・ベレーザ)
2018年11月のMS&ADカップで初招集されてからチームを中から見ていますが、ワールドカップを終えて、負けたくないと思う気持ちが全員に強くなって、一人ひとりが強くなったと思います。ピッチ内で自分の意見をぶつけ合う機会も増えたと思いますし、それがチームを強くしていると思います。E-1選手権はここまで2試合終えて、なにより失点していないことがいいと思っています。中国戦は攻め込まれた時間もありましたが、ベンチからの声も含めて、全員で凌いだと強く感じました。韓国戦に向けては、チーム全員で勝ちにいって優勝するのが一番です。タイトルを取ることで自信もつきますし、次に繋がります。そして、女子サッカーの認知度を上げることにもなりますし、応援してもらえるチームになるためにもタイトルは大事だと考えています。

スケジュール

12月9日(月) PM 公式会見
TBC トレーニング
12月10日(火) TBC トレーニング
12月11日(水) 9-0 第1戦 vs.チャイニーズ・タイペイ女子代表(Busan Asiad Main Stadium)
12月12日(木) TBC トレーニング
12月13日(金) TBC トレーニング
12月14日(土) 3-0 第2戦 vs.中国女子代表(Busan Gudeok Stadium)
12月15日(日) TBC トレーニング
12月16日(月) TBC トレーニング
12月17日(火) 19:30 第3戦 vs.韓国女子代表(Busan Gudeok Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会

大会期間:2019年12月10日(火)~18日(水)
会場:韓国/Busan Gudeok Stadium、Busan Asiad Main Stadium
女子出場国:チャイニーズ・タイペイ、中国、日本、韓国

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー