JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル女子 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本女子代表 世界女子フットサルトーナメント活動レポート(12/10)

ニュース

フットサル日本女子代表 世界女子フットサルトーナメント活動レポート(12/10)

2014年12月12日

フットサル日本女子代表 世界女子フットサルトーナメント活動レポート(12/10)

第5回世界女子フットサルトーナメント
2014年12月10日(水)   キックオフ 15:30    試合時間 20分プレーイング
Palacio de los Deportes (コスタリカ/サンホセ)

フットサル日本女子代表   0-4 (前半0-1、後半0-3)   フットサルポルトガル女子代表

得点
10分    失点(ポルトガル)
24分    失点(ポルトガル)
34分    失点(ポルトガル)
36分    失点(ポルトガル)

スターティングメンバー
GK:佐藤麻陽
FP:春山愛、関灘美那子、中島詩織、藤田靖香

サブメンバー
GK:山本彩加
FP:堀田えり子、中野絵美、坂田睦、加藤沙織、小出夏美、横山純子、吉林千景、園田瑞貴

マッチレポート

第5回世界女子フットサルトーナメント、ポルトガルとの初戦を迎えました。

午後3時30分、試合がキックオフ。日本は、佐藤麻陽選手、春山愛選手、関灘美那子選手、中島詩織選手、藤田靖香選手の5人でスタート。前半からポルトガルに主導権を握られます。立ち上がりは我慢の時間帯が続くも、試合開始から5分が経過すると、徐々に日本がボールを持てるようになります。6分、春山選手が相手のパスをカットし、ドリブルで持ち込みそのままシュート放つもゴール左に外れます。続く7分、2人がかりで相手のボールを奪いに行くと、吉林千景選手から加藤沙織選手へパスが繋がり、シュートを打つも惜しくもゴール上に外れます。10分、ペナルティエリア付近でファールを取られると、それをポルトガルに決められ日本は先制点を許します。このまま0-1で前半を折り返します。

同点に追い付きたい日本ですが、シュートで終わることができません。24分、ハーフウェーライン付近でボールを奪われると、ポルトガルはそのままドリブルで持ち込みシュート、日本は2失点目を喫し、その後34分、36分と立て続けに失点してしまいます。何とか1点を取りたい日本は、試合終了間際、引いた相手に対し怒涛の攻撃で攻め続けますが、試合は0-4で終了しました。試合会場には、先日訪問した日本人学校の子どもたち、大使館の方々が応援に駆けつけ、選手に声援を送ってくれました。グループリーグ突破に向け、明日のロシア戦に挑みます。

監督・選手コメント

在原正明 監督
攻守において主導権を握って戦った前半は日本の新たな可能性を見せることができました。後半立ち上がりにポルトガルは圧力を高めてきて、日本はその時間帯を耐えきることができず、連続失点してしまったことが試合を決定づけました。しかし、その後に相手のインサイドに攻略の糸口を見つけてからの時間帯で、再び日本が対等なゲームに流れを戻すことができたことは非常に大きいと思います。

それはポルトガルが日本をリスペクトし終盤に守備ラインを下げて試合をクローズしにきたという点にも表れています。明日はロシアというまた異なるタイプの世界4強との厳しい戦いとなりますが、前向きなチームの今の良い雰囲気をピッチ上のプレーにも還元できるように、良い準備をして準決勝進出がかかった大切な試合に臨みます。

関灘美那子 選手 (arco-iris KOBE)
初戦で勝ち点を取れなくて悔しいですが、前回大会より、トレーニングを積み重ねてきた攻撃面ではうまくいったと思います。スピードなど世界との差はまだまだありますが、通用する場面あったと思います。明日の試合では、今日の試合で良かったことを生かして勝ち点が取れるようにがんばりたいです。

加藤沙織 選手 (バルドラール浦安ラス・ボニータス)
初めての代表公式戦でしたが変に緊張することもなく、非常に良い状態で試合に挑むことができました。チームの雰囲気もとても良く、私自身試合をすごく楽しめましたし、ベンチにいるときにもワクワクしていました。試合は、今まで自分たちがやってきたことを意識し全力で戦いましたが4-0で負けてしまいました。でも確実に手応えは掴めました。少ないながらも自分たちが支配していた時間もあったし、チャンスもありました。あとはゴールを決められるように、まずは切り替えて残りの試合で、結果を出せるように頑張ります。次の相手も強豪国ですが、自分たちのやってきたことと気持ちを120%出し切ってチーム一丸となって全力で戦います。

スケジュール

12月6日(土) AM/PM トレーニング
12月7日(日) AM/PM トレーニング
12月8日(月) AM/PM トレーニング
12月9日(火) AM/PM トレーニング
第5回世界女子フットサルトーナメント
12月10日(水) 0-4 対 ポルトガル
12月11日(木) 16:00 対 ロシア
12月12日(金) 18:00 対 ブラジル
12月13日(土) AM/PM トレーニング
12月14日(日)   準決勝
12月15日(月)   3位決定戦/決勝戦
12月19日(金) AM/PM トレーニング
12月20日(土) 15:00 国際親善試合 vs フットサルチャイニーズ・タイペイ女子代表(グリーンアリーナ神戸)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合

2014年12月20日(土) 兵庫/グリーンアリーナ神戸
フットサル日本女子代表 vs フットサルチャイニーズ・タイペイ女子代表
15:00キックオフ(予定)
詳しくはこちら

日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

Official Sponsor

Official Supplier

Supporting Companies

Match Sponsor

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー