JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2016年 > FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン 2016 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 準々決勝・イングランド戦へ向け公式会見

ニュース

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 準々決勝・イングランド戦へ向け公式会見

2016年10月12日

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 準々決勝・イングランド戦へ向け公式会見

FIFA U-17女子ワールドカップヨルダン2016の準々決勝を2日後に控え、U-17日本女子代表は11日(火)、天然芝のグラウンドで午後にトレーニングを行いました。

この日はパス&コントロールから始まり、9対9のポゼッション、紅白戦を実施しました。楠瀬監督から激が飛ぶ中、選手たちもお互いに声を出して要求しあい、イングランド戦に向けて精力的にトレーニングに取り組みました。

トレーニング終了後には、アンマン市内でイングランド戦に向けた公式会見に臨みました。記者会見に出席した金勝里央選手は、「日本は前回大会(FIFAU-17女子ワールドカップコスタリカ2014)で優勝していますが、プレッシャーはありますか」という質問に対し、「プレッシャーをポジティブに捉え、イングランド戦に挑みたい」と意気込みを述べました。

大会はいよいよノックアウトステージに突入。12日(水)には「メキシコ 対 ベネズエラ」、「ドイツ 対 スペイン」が、13日には「朝鮮民主主義人民共和国 対 ガーナ」、「日本 対 イングランド」の試合がそれぞれ行われます。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
ノックアウトステージは引き分けでも許されないので、最善の準備をして強いイングランドに勝ちたいと思います。イングランドは縦へのスピード感、高さ、スピリットのあるチーム。グループCを勝ち抜いてきたということは力があるチームだと思います。何よりパワーがあり、日本人の身体能力で補うことは大変です。注意をして戦いたいと思います。残り1試合かもしれませんし3試合かもしれません。出来る限り多くの選手に世界を経験させることができればと思います。良い準備をして試合に挑みます。

DF #6 金勝里央 選手(浦和レッズレディースユース)
チーム全員が素晴らしい舞台に出たいという気持ちがあり、プレッシャーもありますが、誰が出てもなでしこらしいサッカーをして、自分たちのサッカーで勝利したいと思います。これからは負けられない試合です。どんな相手であっても勝つしかないので、みんなで世界一になるために、いつも通りの準備を行い、プレッシャーをポジティブに捉えて試合に挑みたいです。

DF #5 牛島理子 選手(日ノ本学園高校)
国内での直前キャンプから20日以上が経ちました。ヨルダンでの生活にも慣れ、内容の濃い日々を過ごしています。準々決勝への進出が決まり、また新たな気持ちでイングランド戦に向けて良い準備をしていきたいと思います。この最高の仲間、スタッフと一日でも長くサッカーができるように、次の試合は本当に大切な試合となります。チームとしても個人としても万全の準備をして挑めるように出来ることを全てやろうと思います。そして、優勝という形で日本に帰れるように、精一杯楽しみ頑張ります。

MF #13 唐橋万結 選手(アルビレックス新潟レディースU-18)
今日は守備を中心としたトレーニングでした。守備では最終ラインが鍵となりますが、中盤もセカンドボールを拾うことやプレスバックを行うことが大切なので、意識してトレーニングに取り組みました。準々決勝のイングランド戦まで残り1日です。この仲間たちとサッカーができる楽しさを噛み締め、明日のトレーニングも頑張ります。

スケジュール

FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016
9月30日(金)   トレーニング
10月1日(土) 5-0 vs  ガーナ(Prince Mohammed International Stadium)
10月2日(日)   トレーニング
10月3日(月)   トレーニング
10月4日(火) 5-0 vs  パラグアイ(King Abdullah II International Stadium)
10月5日(水)   トレーニング
10月6日(木)   トレーニング
10月7日(金)   トレーニング
10月8日(土) 3-2 vs  アメリカ(Amman International Stadium)
10月9日(日)   トレーニング
10月10日(月)   トレーニング
10月11日(火)   トレーニング
10月12日(水)   トレーニング
10月13日(木) 19:00 準々決勝 vs イングランド(Al Hassan International Stadium)
10月14日(金)   トレーニング
10月15日(土)   トレーニング
10月16日(日)   トレーニング
10月17日(月) 16:00/19:00 準決勝(King Abdullah II International Stadium)
10月18日(火)   トレーニング
10月19日(水)   トレーニング
10月20日(木)   トレーニング
10月21日(金) 17:00/20:00 3位決定戦/決勝(Amman International Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー