JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2016年 > FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン 2016 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 準決勝スペイン戦へ向け記者会見をおこなう

ニュース

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 準決勝スペイン戦へ向け記者会見をおこなう

2016年10月16日

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 準決勝スペイン戦へ向け記者会見をおこなう

準決勝まで残り2日となった10月15日は夕方からトレーニングを行いました。ポールを使用したアイスブレイクでアップを行い、5対3のポゼッション、守備と攻撃に分かれてのトレーニング、その後ハーフコートサイズでゲーム形式の5対5+1フリーマンのメニューを実施。ゲームでは楠瀬監督の檄(げき)が飛ぶ場面もあり、選手たちは終始献身的にトレーニングに取り組みました。その後フリートレーニング、シュート練習を行い、スペイン戦に向けこの日の練習を終えました。

トレーニング終了後、準決勝のスペイン戦が行われるKing Abdullah Ⅱ International Stadiumで記者会見が行われ、楠瀬直木監督、GK田中桃子選手(日テレ・メニーナ)が出席。「日本チームが優勝するのではないか」という質問に対し、楠瀬監督は「私たちはなにも得ておりませんので、優勝を実現するために良い準備を行い、しっかりと勝ちたいと思います」とスペイン戦への意気込みを述べました。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
スペインは強いチームです。スペインと試合ができることを嬉しく思います。もちろん勝ちにいきます。選手は4試合を戦い、疲れが溜まっているかもしれませんが、アグレッシブなプレーを彼女たちがしっかりと表現してくれると思っております。日本チームが今大会優勝するのではないかと言われていることは非常に嬉しく思いますし、幸せに感じます。選手たちもそれを良いプレッシャーに感じてプレーしております。しかし、私たちはまだ何も決まっていませんし、私たちは何も得ておりませんので、それを実現するために、スペイン戦に向け良い準備をししっかりと勝ちたいと思います。

GK #1 田中桃子 選手(日テレ・メニーナ)
GKとしては、無失点で抑えることがとても重要だと思っているので、まずはそういうピンチを作らせないようにしっかり声をかけて、後ろが自分たちなら安心してもらえるようになりたいと思います。日本は海外の選手より体力面で劣る部分がありますが、コミュニケーションをしっかりと取り、試合に出られることに感謝してスペイン戦に勝って決勝へ進みたいと思います。

MF #21 野島咲良 選手(セレッソ大阪堺レディース)
今日のトレーニングでは5対3ポゼッション、5対5、シュート練習を行いました。5対5の際には疲れが溜まっていく中でミスが増えるなど、改善しなければならない部分がまだまだありました。スペイン戦まで残り1日しかありませんがしっかり改善し、万全の状態で挑みたいです。

FW #14 小嶋星良 選手(浦和レッズレディースユース)
スペイン戦に向け、試合のときにマークを外し、的確なボール回しをするためにどんな動きをすれば良いかなど考えながらチームでトレーニングを行いました。日本の選手が2、3歩動かないと届かない距離でもスペインの選手たちが1、2歩で届くこともあったりと、普段よりも多く動くことを意識してトレーニングを行いました。スペイン戦では日本らしいサッカーをして全員で戦って絶対に勝ちます。

スケジュール

FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016
9月30日(金)   トレーニング
10月1日(土) 5-0 vs  ガーナ(Prince Mohammed International Stadium)
10月2日(日)   トレーニング
10月3日(月)   トレーニング
10月4日(火) 5-0 vs  パラグアイ(King Abdullah II International Stadium)
10月5日(水)   トレーニング
10月6日(木)   トレーニング
10月7日(金)   トレーニング
10月8日(土) 3-2 vs  アメリカ(Amman International Stadium)
10月9日(日)   トレーニング
10月10日(月)   トレーニング
10月11日(火)   トレーニング
10月12日(水)   トレーニング
10月13日(木) 3-0 準々決勝 vs イングランド(Al Hassan International Stadium)
10月14日(金)   トレーニング
10月15日(土)   トレーニング
10月16日(日)   トレーニング
10月17日(月) 19:00 準決勝 vs スペイン(King Abdullah II International Stadium)
10月18日(火)   トレーニング
10月19日(水)   トレーニング
10月20日(木)   トレーニング
10月21日(金) 17:00/20:00 3位決定戦/決勝(Amman International Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー