JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-20 フットサル 2017年 > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表 大会初戦でチャイニーズ・タイペイに歴史的勝利

ニュース

U-20フットサル日本代表 大会初戦でチャイニーズ・タイペイに歴史的勝利

2017年05月17日

U-20フットサル日本代表 大会初戦でチャイニーズ・タイペイに歴史的勝利

AFC U-20フットサル選手権タイ2017
グループステージ第1戦 vs U-20フットサルチャイニーズ・タイペイ代表
2017年5月16日(火) 15:00キックオフ(現地時間) 試合時間40分(前後半各20分)
Hua Mark Indoor Stadium(タイ/バンコク)

U-20フットサル日本代表 4-0(前半1-0、後半3-0)U-20フットサルチャイニーズ・タイペイ代表

得点
15分 中村充(U-20フットサル日本代表)
25分 清水和也(U-20フットサル日本代表)
34分 清水和也(U-20フットサル日本代表)
38分 植松晃都(U-20フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:坂桂輔
FP:石田健太郎、中村充、清水和也、仁井貴仁

サブメンバー
GK:山田正剛、岩永汰紀
FP:内田隼太、岡部直樹、樋口岳志、伊藤圭汰、岡田祥慶、植松晃都、山田慈英

マッチレポート

U-20フットサル日本代表は5月16日(水)、初の開催となるAFC U-20フットサル選手権タイ2017 グループステージ第1戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨みました。

日本は、前半の立ち上がりは自分たちのペースで試合を進めますが、全体的に初戦特有の硬さも目立ち思うようなプレーができません。また、ピッチの状態とボールの滑りの感覚をつかむまで時間がかかり、何度も訪れる決定機を決めきれず試合の流れを完全に引き寄せることができません。それでも前半15分に左サイドでボールを受けた中村充選手が、ドリブル突破から中央に切れ込み、右足のシュートでチャイニーズ・タイペイゴールをこじ開け、前半を1-0で折り返します。

ハーフタイムに鈴木隆二監督は、「前半のプレーではこれまでの蓄積を活かせていない。体を使う以上に、もっと頭を使って全体で戦うことが大事だ」と、選手たちにアドバイスを送ります。そして後半に入り25分、相手ゴール前でボールを受けた清水和也選手が相手を背負いながら素早く回転し、相手ゴールキーパーを交わすような左足シュートで追加点を奪います。これで落ち着きを取り戻した日本は、得意のパスワークで試合のリズムをつかみ、34分には清水選手がフリーキックを直接決めて3-0とし、38分には中村選手の放ったシュートのこぼれを植松晃都選手が押し込み4点目を挙げ試合を決定づけます。その後、チャイニーズ・タイペイが日本のゴールを脅かすシーンもありましたが、GK坂桂輔選手を中心に失点を与えず4-0で試合終了。初の公式戦となる歴史的な試合に見事勝利しました。

試合詳細はこちら

初戦に快勝したU-20フットサル日本代表は、18日(木)に行われるグループステージ第2戦で、U-20フットサルタジキスタン代表との対戦します。

監督・選手コメント

鈴木隆二 監督
どの大会も初戦の難しさはありますが、その中でも選手が試合中に修正を図りゲームを支配してくれたこと、また無失点で勝利につなげることができて素直に良かったと思います。まずは勝利を挙げた喜びもありますが今日の試合は切り替えて、次のタジキスタン代表戦に備えていきたいと思います。

GK #1 坂桂輔 選手(エスポラーダ北海道)
まず今日の試合を勝てたことを嬉しく思います。立ち上がりが少し硬かった中で先制点を取れ、無失点で試合を終えれたのはよかったですが、決定機を決め切れなかった場面の方が多かったのでフィニッシュの精度を高めていき、次の試合も勝ちたいと思います。

FP #8 伊藤圭汰 選手(ペスカドーラ町田アスピランチ)
チャイニーズ・タイペイとの初戦は、前半に多くのチャンスがありながらも決めることができず、難しい試合になってしまいました。それでも無失点で勝ちきることができたのは前向きに考え、明後日からの3連戦に備えて準備していきたいです。グループステージを突破できるようにチームが結束し、結果を求めて戦っていきます。

FP#11 清水和也 選手(フウガドールすみだ)
初戦ともあり、前半はかなり硬い状態になってしまいましたが、後半にはしっかりと修正ができ4-0で勝利できました。このチームの目標は優勝ですが、しっかり自分達と向き合い頂点を目指し頑張りたいと思います。

スケジュール

AFC U-20フットサル選手権タイ2017
5月16日(火) 4-0 グループステージ第1戦 vs チャイニーズ・タイペイ
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月17日(水) TBC トレーニング
5月18日(木) 17:00  グループステージ第2戦 vs タジキスタン
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月19日(金) 15:00 グループステージ第3戦 vs インドネシア
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月20日(土) 17:00  グループステージ第4戦 vs ベトナム
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月21日(日) TBC トレーニング
5月22日(月) 16:00/19:00 準々決勝(Bangkok Futsal Arena)
5月23日(火) TBC トレーニング
5月24日(水) 16:00/19:00 準決勝(Bangkok Futsal Arena)
5月25日(木) 19:30 3/4位決定戦(Bangkok Futsal Arena)
5月26日(金) 19:30 決勝(Bangkok Futsal Arena)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー