JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17女子日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17女子 2016年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 決勝へ向け最終調整

ニュース

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 決勝へ向け最終調整

2016年10月21日

U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016 決勝へ向け最終調整

U-17日本女子代表は決勝前日の20日(木)、翌日の試合に向け、良い緊張感の中でトレーニングをスタート。体感ストレッチ、パス&コントロールから始まり、9対9のポゼッショントレーニングでは選手同士で要求しあう声が多く上がりました。その後、セットプレーの確認を行い、ディフェンスからのビルドアップの攻撃練習、ミニゲームを行い、この日の練習を終えました。

トレーニング後、決勝が行われるAmman International Stadiumで記者会見が行われ、楠瀬直木監督、キャプテンの長野風花選手が参加し、決勝に向けた意気込みを語りました。

日本は10月21日(金)20:00(日本時間:26:00)より、 U-17朝鮮民主主義人民共和国女子代表と対戦します。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
いつも通りの準備を怠らないということで、目標である優勝することを目指して最善の準備をしております。U-17朝鮮民主主義人民共和国女子代表と試合できることをとても嬉しく思います。向こうの監督もそう思っていただけることは嬉しく思います。昨年のAFC U-16女子選手権のときは勝利できませんでしたが、その時から差が縮まったのか、広がってしまったのか、今後どのようなサッカーをしていくかということを図る上でも、対戦できることは重要であると思っていますし、今までずっと戦ってきた良き相手でもありますので、是非良いゲームをし、勝利したいと思っています。

MF #10 長野風花 選手(浦和レッズレディースユース)
明日の試合をとても楽しみしてきました。いつもと変わらず、試合でベストパフォーマンスが出来るようにプレーします。準決勝でスペインに勝利することができ、決勝の相手がU-17朝鮮民主主義人民共和国女子代表ということを聞いて、とても嬉しかったですし、昨年のAFC U-16女子選手権で負けていますが、その時よりも私たちは成長できていると思うので、明日の試合で勝利したいです。明日勝利することができれば、日本は2連覇という素晴らしい結果を得ることができますが、今までしてきたことをどれぐらい出しきれるかが大事になってくると思うので、90分間出し切りたいです。

MF #8 宮澤ひなた 選手(星槎国際孤高湘南)
私たちは明日の決勝のために、2年間練習を重ねてきました。この2年間、辛いことや悔しいことが沢山ありましたが、多くの仲間と乗り越えてここまで来ることができました。だからこそ、明日必ず勝って世界一になります。明日の相手は昨年のAFC U-16女子選手権で日本が負けたときの相手です。U-17朝鮮民主主義人民共和国女子代表は個人のスピードやパワーなどがありますが、自分たちは日本らしいパスサッカーをして勝ちにいきたいです。そして、仲間を信じ最後まで最後まで走り続けて、最高の仲間と最高のスタッフ皆でワールドカップを掲げたいです。個人としては、自分の持っている力を全て出しきり、得点に絡めるようなプレーをしてチームに貢献したいです。

DF #3 脇阪麗奈 選手(セレッソ大阪堺レディース)
FIFAU-17女子ワールドカップヨルダン2016も明日の決勝で最後となりました。この1ヶ月間、充実しており、チームの雰囲気もとても良くここまで来ることが出来ました。このチームの立ち上げから2年間、この日のために積み上げてきたものを全て出しきり、絶対にU-17朝鮮民主主義人民共和国女子代表に勝利し、世界一になってこの大会を終えられるようにします。日本で応援してくださっている沢山の方々のためにも、世界一をとり最高の笑顔で終わりたいです。

スケジュール

FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016
9月30日(金)   トレーニング
10月1日(土) 5-0 vs  ガーナ(Prince Mohammed International Stadium)
10月2日(日)   トレーニング
10月3日(月)   トレーニング
10月4日(火) 5-0 vs  パラグアイ(King Abdullah II International Stadium)
10月5日(水)   トレーニング
10月6日(木)   トレーニング
10月7日(金)   トレーニング
10月8日(土) 3-2 vs  アメリカ(Amman International Stadium)
10月9日(日)   トレーニング
10月10日(月)   トレーニング
10月11日(火)   トレーニング
10月12日(水)   トレーニング
10月13日(木) 3-0 準々決勝 vs イングランド(Al Hassan International Stadium)
10月14日(金)   トレーニング
10月15日(土)   トレーニング
10月16日(日)   トレーニング
10月17日(月) 3-0 準決勝 vs スペイン(King Abdullah II International Stadium)
10月18日(火)   トレーニング
10月19日(水)   トレーニング
10月20日(木)   トレーニング
10月21日(金) 20:00 決勝 vs 朝鮮民主主義人民共和国(Amman International Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー