JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > ペルナサッカークラブ(三重県三重郡菰野町)

ペルナサッカークラブ(三重県三重郡菰野町)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

いつでも、誰でも、楽しくプレーできること!
何歳になっても、誰でも、ペルナサッカークラブを通じて、サッカーに携わっていける環境作りを目指しています。

主な活動内容

カテゴリーはジュニア(キッズ含)、ジュニアユース、ユース、トップチーム。
各カテゴリートレーニング、ゲームの他、全てのカテゴリーが集まっての初蹴りや、年1回菰野町で行われる『ろう者サッカー日本代表候補合宿』の交流イベントに参加。

私達のグラスルーツ宣言

サッカーを通じて『人』を育てます!(社会課題の取り組み)
クラブにかかわる全ての人が『誰でも(補欠ゼロ・障がい者サッカー・女子サッカー)』『いつまでも(引退なし)』サッカーに携わっていけるように環境作り(施設の確保)をします!

上記宣言を具現化するための活動内容

『引退なし』
・ジュニア(キッズ)、ジュニアユース、ユース、トップチームと段階的にプレーできる環境を提供しています。
・レディース、シニア、フットサルチームも将来的に環境を整備します。
・指導者、審判の育成を行っています。
・生涯にわたってサッカーに関わっていけるようにサッカーファンを育成しています。

『補欠ゼロ』
・カップ戦、公式戦、トレーニングマッチの全てにおいて、全員が出場できるようにしています。
・フェスティバルを年4~6回開催し、より多くの選手に出場機会を提供しています。

『障がい者サッカー』
・菰野町と提携し、菰野町で行われる『ろう者サッカー日本代表候補合宿・交流イベント』に参加し、障がい者と交流しています。
・障がい者もプレーできる環境を作ります。

『女子サッカー』
・男子と一緒にプレーを楽しめるように、女子は1学年下のチームでも出場可能など、柔軟なルールを設定します。
・女子の人数を増やし、女子の単独チーム設立を目指します。

『施設の確保』
・いつでも所属選手がサッカーを楽しめるよう、ホームグランド・クラブハウスの所有を目指します。

『社会課題の取り組み』
・大人から幼児までが同じチームに所属することにより、チームの活動を通じて大人と子どもが『顔見知り』になり、地域全体で子どもを見守り育てます。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー