JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 暴力等根絶相談窓口

暴力等根絶相談窓口

暴力等根絶相談窓口について

暴力等根絶相談窓口は、本協会登録チームにおけるサッカーの活動現場で生じた暴力行為(直接的暴力、暴言、脅迫及び威圧等)に関する通報を受け付ける窓口となります。通報者から当窓口まで通報があった場合、本協会や関連の加盟団体(都道府県サッカー協会や各種連盟)により当該暴力行為に関する事実確認が行われ、暴力行為等の存在が認められた場合は、行為者に対する指導や処分等が検討されることになります。

なお、当窓口で取り扱える通報は暴力行為(直接的暴力、暴言、脅迫及び威圧等)に関するものとなります。その他のお問合せ等については本協会の代表窓口(050-2018-1990)又は所属の都道府県サッカー協会若しくは各種連盟にお問合せいただくようお願いいたします。

※当制度は暴力等根絶相談窓口細則及びその他関連規則に基づき運営されます。
暴力等根絶相談窓口細則[2017/10/2施行、2020/5/14改正]

窓口の取扱範囲

当窓口の取扱対象となる範囲は下記のとおりです。

① 対象となる行為者
本協会に登録する個人(指導者、チーム代表者、審判、選手、本協会又は加盟団体の役職員)

② 対象となる行為
登録されたチームにおけるサッカーの活動現場で生じた対象者による暴力行為(直接的暴力、暴言、脅迫及び威圧等)

③ 窓口を利用できる人
原則として、対象行為によって被害を受けた者又はその家族、関係者、代理人若しくはこれに準ずる者

受付方法

以下のいずれかの方法で受け付けます。

① 電話
電話番号:03-5276-8838
受付時間:原則12:00~18:00(※事情により利用できない場合もあります。)
※暴力行為についてできる限り具体的な内容(いつ、誰が、誰に対して、どのような行為をおこなったか)を整理いただきご連絡下さい。
※通報に際しては、行為者に関する詳細な情報(氏名、所属等)のご提供をお願いしております(※JFAが調査権を持つかどうかを判断するために必須の情報となります)

② 通報フォーム(※インターネット)
こちらの指定フォームにて通報を受け付けます。

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー