JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ2020 TOP > 最新ニュース一覧 > さいたまダービー、上位対決と注目カードが目白押し 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東第7節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

さいたまダービー、上位対決と注目カードが目白押し 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東第7節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2020年12月03日

さいたまダービー、上位対決と注目カードが目白押し 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東第7節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東は12月6日(日)に第7節を開催します。

浦和レッズユース(埼玉)は大宮アルディージャU18(埼玉)との“さいたまダービー”に臨みます。浦和は前節、暫定1位だったFC東京U-18(東京)と対戦。試合前まで4試合とも無失点と鉄壁の守備を誇ったFC東京から2得点を奪い、今季3勝目をマークしました。対する大宮は横浜F・マリノスユース(神奈川)との一戦で攻撃陣が躍動。6得点を奪い、守備陣も無失点で横浜FMを破りました。共に上り調子の2チームによるダービー戦は激戦必死。会場の埼玉スタジアム2002で歓喜の雄叫びを上げるのはどちらのチームとなるでしょうか。

8位の市立船橋高校(千葉)は暫定7位の柏レイソルU-18(千葉)をホームに迎えての一戦。前節は共に0-1で黒星を喫しているだけに、決定機を逃さずに仕留める勝負強さにフォーカスして試合に臨んでくるでしょう。特に市立船橋は今季未勝利とリーグ戦で苦しんでいます。冬の全国高校サッカー選手権大会に向けても最終節での勝利はぜひとも手にしたいところでしょう。

流通経済大学付属柏高校(千葉)は横浜FMとの対戦です。流経大柏は選手権予選決勝で市立船橋に敗れてからリーグ戦で2連勝を達成し、暫定で2位に浮上。延期分も含めて2節を残し、逆転での優勝も視野に入ってきました。一方の横浜FMは前節の大敗からどう立ち直るか。攻撃的な姿勢を貫いていくか、課題の守備にテコ入れをするか。勢いに乗る流経大柏を相手にどのような戦いを見せるか注目です。

前節、暫定首位に躍り出た横浜FCユース(神奈川)はFC東京との上位決戦に臨みます。中断期間前まで無敗を維持してきた横浜FCですが、中断明けの大宮戦で敗戦。しかし、前節の柏戦では試合終了間際にMF中川敦瑛選手(#10)の劇的決勝ゴールが決まり、1-0で勝利をつかみました。2位の流経大柏、3位のFC東京共に延期分の1試合を残しているだけに、最終節で勝点差を付けておきたいところです。追いかけるFC東京は前節、第4節から8人もスタメンを入れ替えて臨み、今シーズン初黒星。首位奪還に向けて、どのようなメンバーで臨み、再びシーズン序盤の強さを取り戻せるでしょうか。リーグの最終順位を占う大一番にぜひともご注目ください。

大会期間:2020年9月5日(土)~2020年12月13日(日)

大会情報はこちら
高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 大会公式Twitter(外部サイト)

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー