JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ2020 TOP > プレミアリーグ2020関東 TOP > 最新ニュース一覧 > プレミア創設期を戦ったOBからのメッセージ 松田天馬選手(湘南ベルマーレ)と高木大輔選手(ガンバ大阪)から出場選手へ

ニュース

プレミア創設期を戦ったOBからのメッセージ 松田天馬選手(湘南ベルマーレ)と高木大輔選手(ガンバ大阪)から出場選手へ

2020年11月12日

プレミア創設期を戦ったOBからのメッセージ 松田天馬選手(湘南ベルマーレ)と高木大輔選手(ガンバ大阪)から出場選手へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグは、今年で10周年を迎える年でもありました。残念ながら発行には至りませんでしたが、大会のプログラム用に、日本サッカー界の第一線を走る4人の先輩たちが、10周年という記念の大会を戦う選手たちに激励のメッセージを寄せてくれていました。今回は後編を取材時の内容のまま公開します。
前編はこちら

インタビュー日:2020年3月上旬
――――――――――――――――――――――――――――――
松田 天馬
MATSUDA Temma
湘南ベルマーレ
東福岡高校出身

周りは名の知れた選手ばかり
トップレベルを体感できました

プレミアリーグは当時から名の知れた選手ばかりでしたので、まさか1年生から試合に出られるとは思っていませんでした。最初に出た試合は立正大湘南戦でした。今でもよく覚えていますし、すごく楽しかったですね。1年生のときは京都U-18が強かった印象があります。当時は原川力選手や高橋祐治選手などがいました。特に原川選手は印象に残っています。2年生のときの神戸U-18戦も衝撃的でした。0-6とボコボコにされて(笑)、トップレベルの強さを体感できました。中でも松村亮選手が印象に残っていて、体は小さいのにめちゃくちゃすごいなと思っていました。3年生のときは神戸U-18が優勝したのですが、リーグ戦では2試合とも勝つことができたんです。あの年は神戸U-18をチームとしてすごく意識していました。他のチームには南野拓実選手や井手口陽介選手がいましたし、自分からすれば本当にすごいリーグだったと思います。
当時は高校同士の試合は絶対に負けてはいけないという雰囲気がありました。でも、個人的には相手が高校でもJユースでも勝ちたいという気持ちは変わりませんでした。あの頃はJユースのほうが格上の立場だったので、Jユースを倒してやろうという気持ちでしたし、ひっくり返したいという気持ちは持っていました。 
プレミアリーグを戦う皆さんには1試合1試合を大切にしてもらいたいです。ちなみにヒガシ(東福岡)はまだプレミアで優勝したことがないんです。いつもヒガシのことは応援していますし、今年こそは優勝してほしいと思っています。

■プロフィール■

1995年6月11日生まれ、熊本県出身。東福岡高校では3年時に10番を背負った。鹿屋体育大学を経て湘南ベルマーレで頭角を現しているアタッカー。小柄ながらも屈強な体と豊富な運動量が武器

インタビュー日:2020年3月
――――――――――――――――――――――――――――――
高木 大輔
TAKAGI Daisuke
ガンバ大阪
東京ヴェルディユース出身

一つひとつのプレーが、未来につながっていく

プレミアリーグは誰もが出場できるような大会ではありませんし、チームとして勝ち残らないといけません。レベルの高い相手と試合ができるので、やりがいのある大会でした。僕にとっては高校年代の真の日本一を決める舞台だと思っています。
高校2年生のときにEASTで優勝したのですが、優勝を決めた試合でハットトリックをしたことがすごく記憶に残っています。でも、チャンピオンシップでは広島ユースに負けてしまいました。開始1分も経たないぐらいに点を取られて、相手の勢いに飲み込まれてしまった感がありました。僕らはEASTを無敗で優勝していたのでそれなりに自信もあったのですが、広島ユースにはまったくかないませんでした。それもまた、とても強く印象に残っています。
プレミアリーグは今年で創設10周年を迎えるとのことですが、このリーグは選ばれたチームと選手しか出場できない大会です。チャンピオンシップで対戦した広島ユースには野津田岳人選手がいました。やはりプレミアリーグで名前を残すような選手はその後プロでも活躍していますし、僕自身もプレミアリーグに出られたということで、今でも名前が残っているのはうれしいです。
今大会に出場する後輩たちにも、この先大きな可能性が広がっていると思います。1試合1試合、熱い試合ができるのは間違いないですし、絶対に選手個人の成長にもつながります。一つひとつのプレーが未来のサッカー人生につながっていくと思いますので、がんばってほしいなと思います。

■プロフィール■

1995年10月14日生まれ、神奈川県出身。2011年のU-17W杯に出場しベスト8進出に貢献した。1年次からプレミアリーグで揉まれて大きく成長した、サイドを主戦場とする攻撃的アタッカー。

2011年 高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップ 試合結果はこちら

高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 チャンピオンシップ 試合結果はこちら


大会期間:2020年9月5日(土)~2020年12月6日(日)

大会情報はこちら
高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 大会公式Twitter(外部サイト)

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー