JFA.jp

JFA.jp

EN

サッカーe日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > eスポーツ・サッカー 2022年 > 最新ニュース一覧 > サッカーe日本代表、FIFAe Nations Playoffsの出場権を獲得! FIFAe Nations Online Qualifiers Play-Ins Week4 マッチレポート

ニュース

サッカーe日本代表、FIFAe Nations Playoffsの出場権を獲得! FIFAe Nations Online Qualifiers Play-Ins Week4 マッチレポート

2022年04月20日

サッカーe日本代表、FIFAe Nations Playoffsの出場権を獲得! FIFAe Nations Online Qualifiers Play-Ins Week4 マッチレポート

国際サッカー連盟(FIFA)が主催するeスポーツ・サッカーの国別対抗戦「FIFAe Nations Cup 2022」への出場権を懸けたアジア予選「FIFAe Nations Online Qualifiers Play-Ins」のWeek4が4月7日(木)と8日(金)に、高円宮記念JFA夢フィールドで行われました。
Week3はDivision2で1位となり、見事Division1に昇格したe日本代表は、最終予選「FIFAe Nations Playoffs」出場権を獲得できる、Week4での1位、もしくは、CP(各節の順位に応じて獲得できるポイント)上位2チームを目指します。Play-Ins全4節すべてをDivision1で戦うインド、CPランキング2位のオーストラリア、昨年のe国際親善試合でe日本代表が敗れているマレーシア、Week3で1分1敗のインドネシアといった、アジアのライバルと戦いました。

Round1 vsインドネシア (1試合目:〇2-0 / 2試合目:△1-1)

各国と各節2試合ずつ対戦するPlay-Insでは、初戦にeインドネシアと対戦しました。第3節をともにDivision2で戦い、1分1敗と苦戦した相手ですが、前半に幸先よく先制点を決めると、後半も追加点を奪い、危なげなく先勝しました。続く2試合目は、一進一退の攻防で両者譲らず、ドロー決着となりました。

Round2 vsインド (1試合目:△0-0 / 2試合目:△1-1)

続くeインド代表は、今回のPlay-Insでは1勝1分2敗と相性の悪い相手です。
第1試合はスコアレスドローとなり、迎えた2試合目は一転して両者とも攻撃的なサッカーを展開します。e日本代表は序盤から相手ゴールに迫ると、サイドチェンジからのセンタリングを高い打点で決め、この試合も先制します。しかし、インドも負けじと反撃を開始し、前半のうちに同点に追いつきます。後半も両チームとも良い攻撃の形をつくるものの決め手を欠き、このまま引き分けでタイムアップを迎えました。

Round4 vsマレーシア (1試合目:〇5-3 / 2試合目:〇4-0)

日付が変わって次の日に行われたeマレーシア代表の一戦はプレーオフ進出権のかかったCPでのランキングを競い合う重要な試合です。
eマレーシア戦で勝利が欲しいe日本代表は序盤から攻勢に出ます。開始早々に先取点を奪うと、前半の間に5点を奪う猛攻を見せます。マレーシアも負けじと打ち返し、終わってみれば5対3の乱打戦でe日本代表が勝利を掴みました。
1試合目を大量得点で勝利したe日本代表は、続く試合も攻撃の歯車がかみ合います。またも前半の先制点を奪い主導権を握ると、後半開始直後に追加点を奪い、相手を窮地に追い込みます。その後は試合をコントロールし、時間を有効に使い試合終了の笛が鳴りました。

Round5 vsオーストラリア (1試合目:●0-3 / 2試合目:2-1)

Play-Ins Week4 最後の試合は、Week4で首位に立つeオーストラリア代表です。
e日本代表もこの試合の結果次第ではWeek4の1位に立つことのできる試合です。しかし、第1試合は気負いからかe日本代表の動きに固さが見られ、3失点の完敗でした。
続く2戦目は、e日本代表が先手を奪います。試合開始早々に幸先よく先制点を決め、試合序盤を優位に進めます。しかし、オーストラリアにディフェンスラインでのパスをカットされ同点弾を許してしまいます。そのまま時計の針が進み、このまま試合終了を迎えるかと思われましたが、アディショナルタイムにe日本代表が劇的なゴールを決め、2試合目は2対1で勝利しました。

この結果、Play-Ins / Week4は、e日本代表は4勝1敗3分の勝点15でDivision1の2位となりましたが、Play-Ins全4節を通じて各節の順位に応じて付与されるCPランキングで3位となり、「FIFAe Nations Cup 2022」に向けた最終予選「FIFAe Nations Playoffs」の出場権を見事獲得しました。

選手コメント

Jay 選手(川崎フロンターレ)
今回のPlay-InsでしっかりとPlayoffs出場権を獲得することができました。自分は今節コーチとしての役割を全うできたかなと思います。引き続きPlayoffsで良い結果を残せるよう頑張ります。

Web Nasri 選手(鹿島アントラーズ)
4節に渡るPlay-Insで、6月のPlayoffs出場を決めることができました。Playoffsで全力で戦えるようにこれから準備をしていきます。

Agu 選手(Blue United eFC)
オーストラリアには1勝1敗でしたが、マレーシアに2勝でき、無事Play-Insを突破することができ、一安心しています。
尻上がりに3人の調子も上がってきて、マレーシア戦はベストゲームといっても過言ではない試合ができたので、このままPlayoffsを戦えたらいいなと思います。

「FIFAe Nations Cup」に向けた今後のスケジュール

4月14日・23日 JFA eスポーツ・サッカー選抜大会 2022
6月9日~12日 FIFAe Nations Playoffs(都内近郊)
7月27日~30日 FIFAe Nations Cup(海外)

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー