JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 一般社団法人 公田サッカークラブ(神奈川県横浜市栄区)

一般社団法人 公田サッカークラブ(神奈川県横浜市栄区)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

PLAYERS FIRST
選手の主体性を引き出す指導で、個性を尊重し、 チームで勝利を目指すクラブ

主な活動内容

少年サッカー(キッズから小学生)
少女サッカー(ガールズクラス)
ハハサル(お母さんのためのフットサルチーム)
クゴールデンフットサルスクール
ウォーキングサッカー
中学enjoyサッカー
公田カップ(補欠ゼロ)
なでしこひろば
年末地域感謝イベント スポリンピック  他

私達のグラスルーツ宣言

<引退なし>
公田SCは、いつでもだれでもずっとEnjoy出来る環境を提供し、引退はありません。

<補欠ゼロ>
公田SCは、みんながPlayし主役です。補欠はいません。

<障がい者サッカー>
公田SCは、だれでもだれとでもサッカーを通してJoinします。

<女子サッカー>
公田SCは、女の子から女性の方までサッカーの楽しさを伝えていく環境を用意します。

<施設の確保>
公田SCは、魅力的なスポーツ環境を実現する為に、ホームグランドを確保します。

<社会課題への取り組み>
地域の社会課題に対して弱みを強みと捉え、スポーツを通して笑顔を増やします。

上記宣言を具現化するための活動内容

<引退なし>
サッカーがずっと好きで、将来も続けていけるように、サッカーの魅力を伝え、その環境を提供しつづけます。
中学年代は、定期開催のenjoyサッカーで、部活で引退後の選手にもサッカー環境を提供します。成人向けにもサッカーができる環境の定期開催。シニアや多世代にはウォーキングサッカー等を通して、引退無しの環境を目指します。

<補欠ゼロ>
多くの大会に参加し、可能な限り複数エントリーをし、誰もが年間を通してコンスタントに試合経験を積めるようにします。
また、補欠ゼロを大会規定に盛り込んだ、カップ戦を開催します。

<障がい者サッカー>
デフサッカー、ブラインドサッカー等、身近に機会があれば積極的に参加します。ウォーキングサッカー等でプレーする場を企画し提供します。
まだ、障がい者と一緒のプレーするイベントを開催します。

<女子サッカー>
なでしこひろばでサッカーの楽しさを伝えます。女子チームでサッカーの楽しさを追求します。
2021年度創設に向けた中学年代の女子サッカーチームの前段階として女子U-15スクールを開始します。

<施設の確保>
だれもが、天然芝のグランドで思いっきり身体を動かし、クラブハウスで楽しい会話と食事をし、プレーする選手を応援したりする理想的な施設と環境を確保する取り組みにチャレンジしていきます。
また、メインとなる小学校のグランドについては、学校開放利用団体を取りまとめた文化スポーツクラブを軸として、使いやすい運営を目指します。

<社会課題への取り組み>
高齢化が進む時代であり、ウォーキングサッカー等で地域交流を深め、安全安心な町づくりに貢献していきます。地域の課題に対して自分事(クラブ事)と捉え、障害を持った方、年齢、性別、国籍、考え方等の差別なくスポーツや環境をキッカケとして課題解決に努めます。
また、地域密着型スポーツクラブとして関係する自治会や地域スポーツ推進委員とも協力しながら地域の課題解決に貢献します。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー