JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 指導者 > 学校体育・部活動 > 小学校体育授業研究会への講師派遣/開催小学校へのボール・教本贈呈

学校体育・部活動

小学校体育授業研究会への講師派遣/開催小学校へのボール・教本贈呈

日本サッカー協会(JFA)では、小学校の新学習指導要領に沿った体育授業実施をサポートする研修会を「小学校体育サポート研修会」と呼び、2014年から開催しています。2022年より、登録制度改革の一環として、小学校にJFAインストラクター(原則として現役小学校教員)を講師として派遣し、校内や地区の体育授業に関わる研修会・研究会のひとつとして、「JFA小学校体育サポート研修会」を実施した小学校には、体育などで使用できるボール10球(モルテン社製ソフトスポンジボール4号)とテキスト2冊を贈呈します。研修会実施を希望する小学校を募集しますので、下記内容をご確認のうえ、ぜひお申し込みください。

JFA小学校体育サポート研修会について

スポーツの楽しさに出合い、生涯にわたってスポーツやサッカーに親しみ続ける人を増やしていきたいとJFAは考えています。学校体育は、その入口ともなる非常に大事な場です。「小学校体育授業サポート研修会」は、特に体育や運動の苦手な先生に受けていただきたい研修会です。外部コーチによるサッカーの授業ではなく、教育の専門職である教員自身によるサッカー(ボール運動及びゴール型)の授業実践にJFAは大きな期待を持っています。「体育の授業でやったスポーツが楽しかった」と子どもたちが実感できるよう、まず先生方ご自身に、サッカーの楽しさについて「これならできる」と研修会で手ごたえを感じていただきます。

[研修会の流れ]
①実技(60分)
小学校体育の全学年に対応した内容です。45分の授業でウォーミングアップから活動1、2、そしてゲームと4段階の流れをつくることをベースに、ノウハウを紹介します。先生方ご自身が体験し、手応えをつかんでいただきます。

②講義(30分)
実際の授業を計画・研究するうえでのポイントや単元の狙い、領域目標、児童の発育発達に則したプログラム全体の考え方をお伝えします。

③テキスト:「小学校体育 新・サッカー指導の教科書」東洋館出版

学校体育 全学年対応 新・サッカー指導の教科書

体育授業で行う「ボールけりゲーム」「ミニサッカー」「サッカー」指導をイラスト・図解を交え4段階で分かりやすく解説します。単元は全部で9つ掲載。この1冊で全学年のサッカー授業に対応することができます。
詳しくはこちら

学校体育 全学年対応 新・サッカー指導の教科書

クリックすると拡大します

学校体育 全学年対応 新・サッカー指導の教科書

クリックすると拡大します

研修会参加者の声

平光奈緒子さん(那加第二小学校)
サッカーが苦手な私にとっても抵抗なく取り組むことができました。ルール説明などもわかりやすく、すぐに動くことができました。
私が味わった楽しさや喜びを子ども達にも味わってもらえるよう、今日学んだことを生かして、体育の授業に取り組んでいきたいです。

江見春奈さん (高松大学 4年)
私は運動が苦手なのですが、新聞ボールを使うことでとってもやりやすくなりました。苦手な子も得意な子も両方が楽しめる工夫がされていて、楽しんで参加することができました。
ほめ言葉やポジティブな言葉が多く、研修会の雰囲気がとても明るくなりました。

岸下直起さん (高松市立木太小学校)
サッカーというより体育の基本的なところ、スポーツの楽しさを改めて教えてもらいました。早速体育の授業でやりたい、早く子どもたちと体育がしたい、そう思えるような研修でした。モチベーションが上がりました。

実施概要

事業名
JFA小学校体育サポート研修会
「サッカー(ボール運動・ゴール型)の授業づくり」

主催
公益財団法人日本サッカー協会

対象期間
2022年4月1日(金) ~ 2023年3月31日(金)
※2023年度以降も継続予定

募集期間
2022年3月9日(水) ~ 実施希望日1ヶ月前まで

実施条件
・参加者 小学校現職教員 12名以上30名未満(人数は応相談)
・会場 体育館と教室等講義ができる場所
・情報公開 研修会当日の様子やコメントをJFA公式ウェブサイトに掲載させていただきます。

派遣講師
JFA小学校体育サポートインストラクター(原則として現役小学校教員)
※講師にかかる経費はすべてJFA負担

贈呈品
・ボール10球 ソフトスポンジボール4号(モルテン社製)
・テキスト2冊 新・サッカー指導の教科書(東洋館出版)

贈呈品

申し込みから実施の流れ

申込方法
申請フォームに以下の内容を入力のうえ、お申込みください。
①学校名 ②担当者 氏名・電話番号・メールアドレス 
③実施希望日時(複数回答可) ④質問・相談(質問・相談のみの申請も可)

申請フォーム

受信後に、担当者よりご連絡します。詳しくは下記をご確認ください。

実施の流れ

※表を左右にスワイプして閲覧できます

対応団体内容
小学校申請フォームに、学校名・担当者情報・実施希望日時(複数)入力して、申込
JFA申請受領メールを送信
JFA実施希望日時の講師派遣を調整
JFA開催可能日時・担当講師情報を学校に連絡
小学校開催日時を確定し、贈呈品・資料納品希望日とあわせて、JFAに連絡
JFA贈呈品・資料を発送
小学校研修会当日:写真撮影・参加者アセスメント回収
小学校写真(画像)・参加者アセスメント(スキャン)をオンラインでJFAに提出
JFA実施レポートをJFA公式サイトに掲載、学校に報告
問い合わせ先

公益財団法人日本サッカー協会
指導普及部 グラスルーツ推進グループ
Tel:03-3830-1826
E-mail:jfa_school_grassroots@jfa.or.jp

推薦者コメント

岡出 美則 氏
 日本体育大学スポーツ文化学部長
 公益財団法人日本学校体育研究連合会 副会長
 日本体育科教育学会 副会長
 日本スポーツ教育学会 副会長
 小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 体育編 作成協力者

サッカーは、シンプルで魅力的であるがゆえに、世界中から愛され、誰もが仲間と関わりながら「する、みる、ささえる、しる」という点から楽しむことのできるスポーツです。その意味では、サッカーは、今回の学習指導要領の改訂で求められている「主体的・対話的で深い学びを通した授業改善」、「生涯にわたって豊かなスポーツライフを実現する資質・能力の育成」に向けた教育的価値を大いに有しているといえます。
公益財団法人日本サッカー協会は、このサッカーの教育的価値を踏まえた具体的な授業実践について、「小学校体育 新・サッカー指導の教科書」や「中学校体育 サッカー指導の教科書」といった著書において有益な知を蓄積、公開してきました。今回、これらの知見を踏まえた「JFA小学校体育サポート研修会」が展開されます。
つきましては、サッカーの得意・不得意、体育授業の得意・不得意に関わらず、多くの小学校現場の先生方に本研修会を受講していただき、先生方が楽しみながら、自信をもって子ども達にサッカーの魅力ひいては、運動やスポーツの魅力を伝えていただきたいと考えております。

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー