JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル日本代表 男女 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】U-19フットサル日本代表 準決勝でポーランドを下し、決勝進出【Futsal Week U19 Summer Cup - Porec 2022(6/21-6/26)】

ニュース

【Match Report】U-19フットサル日本代表 準決勝でポーランドを下し、決勝進出【Futsal Week U19 Summer Cup - Porec 2022(6/21-6/26)】

2022年06月26日

【Match Report】U-19フットサル日本代表 準決勝でポーランドを下し、決勝進出【Futsal Week U19 Summer Cup - Porec 2022(6/21-6/26)】

Futsal Week U19 Summer Cup - Poreč 2022
2022年6月25日(土) KO時間 21:00(現地時間) 試合時間 40分(前後半各20分間のプレーイングタイム)
Finida Hall(クロアチア/ポレチ)

U-19フットサル日本代表 6-0(前半3-0、後半3-0)U-19フットサルポーランド代表

得点
1分 陣川凌(U-19フットサル日本代表)
3分 原田快(U-19フットサル日本代表)
16分 田口大雅(U-19フットサル日本代表)
24分 成田美光(U-19フットサル日本代表)
32分 成田美光(U-19フットサル日本代表)
40分 尾形颯志(U-19フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:川上翼
FP:陣川凌、中島圭太、原田快©、宇野伊織

サブメンバー
FP:中村心之佑、成田美光、伊東陽希、尾形颯志、柴山圭吾、宮下豪也、田口大雅、伊集龍二

登録外メンバー(出場停止、怪我など)
GK:井戸孔晟(ベンチ外/前の試合でRedカード)
FP:なし

マッチレポート

6月21日よりクロアチアで開催されているFutsal Week U19 Summer Cup - Poreč 2022で、U-19フットサル日本代表はU-19フットサルポーランド代表との準決勝に臨み、終始相手ゴールに迫り得点を重ねて6-0で勝利し、スペインとの決勝戦への出場権を勝ち取りました。

もう一つの準決勝でスペインがウクライナに勝利し、この試合の勝者がスペインとの決勝戦に出場できるという状況でポーランドとの準決勝に臨みました。試合前のロッカーで木暮賢一郎監督は、選手たちに「前線から良い守備をして良い攻撃に繋げよう。攻撃の場面では質にこだわろう」と伝えた上で、「中には翌日のことを考えながらプレーする選手もいるかもしれないが、まずは明日のことは考えないで目の前の相手に対して100%の力を出し切ることを考えてほしい」と伝え、最後は全員で円陣を組んでピッチへ入っていきました。

第1ピリオド、日本ボールでキックオフしたこの試合、先制点を奪って優位に試合を進めたいチームはグループステージ同様に開始早々から相手ゴールへ果敢に攻め込んでいきます。すると開始1分で試合が動きます。流れの中から味方が蹴ったシュートの跳ね返りに反応した陣川凌選手が4試合連続となるゴールを決めて、狙い通り早い時間帯で先制点を奪います。勢いに乗った日本はその直後、反撃を狙うポーランドのボールをキャプテンの原田快選手がインターセプトしてドリブルで相手コートに侵入すると、思い切り良く振り抜いたシュートがネットを揺らし、開始3分で2-0とリードします。その後、ポーランドが日本の攻撃に慣れ始めて決定的な場面が減る膠着状態が続きますが、相手のチャンスに対しては木暮監督の冒頭のメッセージを体現して日本が前線からハイプレッシャーをかけて相手に余裕をもってボールは持たせず、カウンターを狙っていきます。またこの日、前の試合で退場処分で出場停止となった井戸孔晟選手の代わりにGKとして先発出場を果たした川上翼選手が勇気をもってボールを運び、積極的に攻撃参加してチャンスを作っていきます。すると第1ピリオド終了間際の16分、左サイドを突破した宮下豪也選手から中央でパスを受けた田口大雅選手が相手を背負いながら反転して打ったシュートがゴールに吸い込まれ、3-0で折り返します。

ハーフタイムに木暮監督は「国際試合で勝利することは本当に難しいこと。今はリードしているかもしれないがちょっとしたきっかけで相手に失点を許してからあっという間に逆転されることはよくある話で自分たちもそうなる可能性が0ではない。当初からこの活動の最大の目的にしていた、最高の場でスペイン代表と試合をすることがあと少しのところまで来ているから全員で最後まで油断せずに闘い抜こう」と選手たちを鼓舞します。

開始早々から日本は追加点を奪って試合を締めようと第1ピリオド以上に迫力のある攻撃で相手ゴールに迫っていきます。第2ピリオドのスターティング5に名を連ねた尾形颯志選手が得意の形から縦に突破してシュートを狙いますが、これは相手選手がしっかりと身体を当ててシュートまでは至りません。しかし、35分に追加点を奪います。グループステージではプレータイムが長くなかった成田美光選手がPIVOの役割で最前線にポジションを取り、味方からのパスを相手を背負いながらキープし、相手の力を利用しながら反転して振り抜いたシュートがゴールネットを揺らしスコアを4-0とします。何とか得点が欲しいポーランド代表は失点直後からパワープレーを仕掛けてきます。しかし、大会初ゴールを決めて勢いに乗る成田選手が32分に原田選手から受けたパスをキープしてから打ったシュートが一度は相手選手に防がれてしまうものの、跳ね返りのボールにも素早く反応して打ったシュートは相手GKの手をはじいてゴールラインを割り、5-0とリードをさらに広げます。その後、試合終了までポーランドのパワープレーに耐える時間が続きますが、川上選手を中心に声を掛け合って最後まで相手にゴールを割らせず、逆にボールを奪っては無人のゴールへロングシュートを蹴ってパワープレー返しを狙います。終了間際には柴山圭吾選手が最前線でボールを引き出して反転からのシュートを打ちますが惜しくもクロスバーを叩いてしまい得点を奪えません。しかし、40分に尾形選手が右サイドのセットプレーからパスを受けて打ったシュートがダメ押しとなる6点目を奪い、試合終了となりました。

U-19フットサル日本代表は、26日の同時刻よりU-19フットサルスペイン代表との決勝戦に臨みます。

監督・選手コメント

木暮賢一郎 監督
勝てば決勝でスペインと対戦できるという状況の中、選手全員が素晴らしいプレーをしてくれました。この年代の国際大会において、スペイン代表と決勝の舞台で戦えるという最高の機会を明日は思い切り楽しんで、選手たちには今持っている全てを出し切ってほしいです。

GK #2 川上翼 選手(名古屋オーシャンズ サテライト)
今日のゲームは自分たちのこの遠征での最大の目的でもある、スペインと決勝で戦うために絶対に負けられない試合でした。前半の立ち上がりから自分たちのペースで試合を進めることができ、早い時間帯に先制できたことはこのゲームでの勝利において一番大きな要因だったと感じています。後半は相手が早い段階でパワープレーを仕掛けてきましたが、全員が高い集中力で守り、チャンスをしっかりものにできたので、結果的に6-0で勝利を収めることができました。また、今大会で初めてのクリーンシートということで、キーパーとしては率直に嬉しいですし、パワープレーを受ける時間が長かったにも関わらず、無失点で終えられたことはチームにとって大きな成果だと感じています。決勝はスペインということで、間違いなく難しいゲームにはなると思いますが、ひとつのチャンスを決めきること、ひとつのピンチを守りきることを全員が徹底していけば、自ずと勝利に近づけると思うので、全員で一丸となって戦いたいと思います。

FIXO #3 中村心之佑 選手(ペスカドーラ町田アスピランチ)
今大会では、ウクライナ戦では出場がなく、出場のチャンスがあったグリーンランド戦ではアップでアクシデントがあって試合に出ることが出来ず、今日の試合は個人的に懸ける思いがあったので、しっかり満足できるようなプレーが出来て、良かったです。ここまでは出場時間が短かったり無かったりしましたが、チームのみんなが良い雰囲気を作ってくれたのでいつも通りのプレーが出来たと思います。明日のスペインとの決勝に向けて全員の気持ちもひとつになり、良いモチベーションで毎日過ごせているので最高の結果で終われるように明日も頑張りたいと思います。

FIXO #4 成田美光 選手(府中アスレティックFC)
準決勝で勝利することができて本当に良かったです。決勝の前の試合で良いゲーム運びができたこともチームにとってプラスになりました。ここからは決勝のスペインに勝つことだけを考え、試合までにできることに対して最善を尽くしてみんなでスペインに勝とうと思います。

ALA #8 尾形颯志 選手(バルドラール浦安セグンド)
まず、この試合に勝利できたことを嬉しく思います。準決勝で勝てたものの個人的には満足していません。監督に求められていることを全て発揮できるよう、今から良い準備をしていきます。明日はついにスペインとの対戦です。最高の舞台で最高の相手と出来ることに感謝し、勝利できるよう頑張ります。ぜひ応援よろしくお願いします。

Futsal Week U19 Summer Cup - Poreč 2022

大会期間:2022/6/21(火)~2022/6/26(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー