JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第19回全日本O-50サッカー大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 大会初日は波乱含みの展開に JFA 第19回全日本O-50サッカー大会

ニュース

大会初日は波乱含みの展開に JFA 第19回全日本O-50サッカー大会

2020年12月20日

大会初日は波乱含みの展開に JFA 第19回全日本O-50サッカー大会

JFA 第19回全日本O-50サッカー大会が12月19日(土)に静岡県藤枝市で開幕し、1次ラウンドの初戦が行われました。

大会初日は、連覇を狙う昨年のチャンピオンが初戦で敗れるという波乱含みの幕開けとなりました。福岡とびうめシニアサッカークラブ(九州1/福岡)は前半に先制したものの、ブレス大阪(関西/大阪)が後半に2点を返して試合をひっくり返しました。しかし、このグループCで首位に立ったのは、今大会初勝利を挙げた札幌50CERI烏(北海道2)。後半開始10秒足らずでの先制点など少ないチャンスをものにしつつ、互いに球際で激しく戦った試合を完封勝利で飾り、得失点差でブレス大阪を上回っています。

グループAでも、優勝経験のあるチームが初戦を落としました。一昨年に大会を制した中津OBサッカークラブ(九州2/大分)を倒したのは、アルフット安曇野シニア(北信越/長野)です。押されながらも、チャンスを逃さず前半に2得点。後半は2点を返されたものの3点を追加し、5-2と勝利しました。同グループでは藤枝フットボールクラブ(開催地/静岡)も前後半に2点ずつ奪って快勝。しかも失点がなかったため、得失点差で首位に立っています。

グループDで快勝したのが、羅針盤倶楽部NAGOYA(東海/愛知)でした。前半から3点を奪って計4-0で勝利。同じグループでは四十雀クラブ東京50(関東1/東京)も1-0で勝利し、第2節での羅針盤倶楽部との対決を見据えます。

グループBでは広島フォーティーズ(中国1/広島)とラッツォス古河F.C.(関東2/茨城)が、それぞれ勝点3を手にしています。とはいえ、グループBは得失点差にまだ大きな差がなく、これからも緊張感ある戦いが続きそうです。

大会2日目には1次ラウンドの残り2試合が行われ、決勝ラウンドに進む4チームが決まります。

選手コメント

土岡久展 選手(広島フォーティーズ)
久しぶりの全国だったので緊張がありましたが、声を出し合って先制点を取れてからは比較的楽にプレーできました。まずは1次ラウンドの3試合で楽しくサッカーして、4チーム目、5チーム目と戦うことができたら、うれしいですね。この大会を開催していただいたこと自体が非常にありがたく、楽しくサッカーできています。新型コロナウイルスの影響で来られなかったメンバーもいますが、その人たちの分まで頑張って戦いたいと思います。

和泉正志 選手(FCプリメーロ福島レジェンド)
相手はかなりパスを回して、意図的に崩してくるチームだったので、前半は2点を献上してしまいましたが、後半は少し盛り返せました。DFとしては、結構忙しかったですね。去年までFWでしたが、年齢も高くなり、若くて良いFWが入ってきたので、今年からDFになりました。久々の全国大会で精いっぱいプレーして、まずは1次ラウンド突破を目指します。今年はコロナ禍で大会はないかなと思いながらチームづくりやトレーニングをしてきましたが、目標であるこの大会に出場できたので、やってきて良かったなと思います。

吉田圭一 選手(いわきシニアFC)
昨年も出場して1つも勝てなかったので、初戦に懸けていましたが、攻めている時間帯に点を取れず、逆に守備でミスが出てしまいました。やはり、全国大会は厳しいです。壁のようなものがあるのかなあと感じます。負けてしまうと、いくつになっても悔しいものですね。良いメンバーに恵まれて、楽しくサッカーしていますが、やはり勝ちたいです。2日目も昨年の優勝チームなど強敵との試合が続きますが、勝点1、いや、1勝を目指して頑張ります。

浅井謙作 選手(札幌50CERI烏)
2度目の出場になりますが、新しい選手も入ってレギュラー争いをしながら切磋琢磨してきました。前回は初戦への入り方が悪くて未勝利に終わったので、今回は最初から全開でいくよと、チームでまとまって取り組んできました。すでに地元は気温が氷点下になっており、ここ藤枝でサッカーできること自体も非常にありがたく思っています。コロナ禍で、北海道にはあまり良いニュースがありません。私たちがここでサッカーをさせていただいているのも、医療従事者といった方々のおかげです。だから、道民のためにも決勝ラウンド進出を目指して、楽しみながら勝ちにいきます。

大会期間:2020/12/19(土)~12/21(月)
会場:
静岡県藤枝市
藤枝総合運動公園サッカー場[天然芝]
藤枝総合運動公園陸上競技場[天然芝]
藤枝総合運動公園多目的広場人工芝広場[人工芝]
藤枝市民グラウンドサッカー場 [天然芝]

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー