JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表、先制するもスペインに逆転負け ~SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019

ニュース

U-15日本代表、先制するもスペインに逆転負け ~SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019

2019年12月04日

U-15日本代表、先制するもスペインに逆転負け ~SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019

SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019
2019年12月3日(火) キックオフ時間 16:00(現地時間) 試合時間 80分(40分×2本)
L'Alfas del Pi(スペイン/アルビール)

U-15日本代表 2-4(前半1-1、後半1-3)U-15スペイン代表

得点
15分 伊藤猛志(U-15日本代表)
22分 失点(U-15スペイン代表)
61分 伊藤猛志(U-15日本代表)
64分 失点(U-15スペイン代表)
79分 失点(U-15スペイン代表)
79分 失点(U-15スペイン代表)

スターティングメンバー
GK:上林真斗
DF:藤田崇弘、植田悠太、竹内諒太郎、石川晴大
MF:坂井駿也、大迫塁、北野颯太、田中侍賢
FW:鈴木大翔、伊藤猛志

サブメンバー
GK:松原快晟
DF:東廉太、池谷銀姿郎
MF:楢原慶輝、梶浦勇輝、山崎太新、宮﨑奏琉
FW:南野遥海、内藤大和

交代
57分 田中侍賢 → 楢原慶輝
57分 藤田崇弘 → 池谷銀姿郎
70分 北野颯太 → 山崎太新
73分 鈴木大翔 → 南野遥海

マッチレポート

U-15日本代表は3日(火)、SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019 第2戦でU-15スペイン代表と対戦しました。
試合は5分、伊藤猛志選手が左足でファーストシュートを放ちますが、相手GKの正面でゴールならず。15分、カウンターから伊藤選手が落ち着いてゴール左に決め強豪スペインから先制点を奪います。その後も日本は素早い守備から良い形を何度か作り出します。18分、右サイドをワンツーで崩しクロスを上げると、一度は相手ディフェンスに跳ね返されますが、そのこぼれ球を大迫塁選手がワンタッチで左足を振り抜きますが、ゴールはポストのわずかに上。しかし、スペインも質の高いパス回しで日本のゴールを脅かすと、22分、日本ディフェンスの背後を抜けられ、最後はGK上林真斗選手の上を越されるシュートを放たれ同点に追いつかれます。その後もピンチが続きますが、GK上林が決定機を防ぎ、追加点を許さず前半を終了します。後半もスペインのペースが続きます。55分には相手に左足を振り抜かれますが、ここもGK上林が右足でセーブ。61分、日本はカウンターから伊藤選手が抜け出し、最後は相手GKを冷静に交わしてゴール右に流し込み勝ち越しに成功します。しかし、相手の早いパス回しと早い守備になかなか日本はペースを掴むことができず、64分に失点を許すと、79分にもFKのこぼれ球を押し込まれて逆転されます。さらに試合終了間際には、前掛かりになったところでボールを奪われると、スペインの素早いカウンターについていくことができず、ペナルティエリアで相手を倒しPKを与えます。これを冷静に決められ2-4の逆転負けを喫しました。
4日(水)は第3戦、U-15イングランド代表と対戦します。

選手コメント

DF #4 竹内諒太郎 選手(FC.フェルボール愛知)
今日のスペイン戦は、悔いが残る試合となりました。守りきらなければいけないところで、失点をしてしまい、逆転を許してしまったことは今の自分たちの弱さだと思います。個人としても、ラインの細かい上げ下げを80分間通してやり続けることや、ゴール前の一対一の対応など改善すべきことが多く見つかりました。
それでも、仲間や監督からのコーチングで、常に頭を使いポジションをとることや、クロスの対応など試合の中で修正して、少しではありますが成長を自分で実感できた部分もあります。この敗戦を次に生かし、この遠征で、自分の弱さを見つめ直し、もっともっと成長していきます。

MF #17 坂井駿也 選手(ソレッソ熊本)
昨日のメキシコ戦での課題であった、ボールを保持出来ないことや守備の部分を少しでも良くしようと、チーム全員で話し合い今日の試合に臨みました。試合立ち上がりからボールに素早くプレスをかけ、守備の部分や奪ったあとのボールを広げて保持することが出来ました。後半の立ち上がりも最後までチーム全員が諦めず戦いましたが、最後は球際やプレーの質など相手の方が上回ってたと思います。負けという結果は何かが足りないと思います。一人一人がプレーを振り返って次の試合に備えていきたいです。

FW #15 伊藤猛志 選手(ジュビロ磐田U-15)
初先発で個人として2ゴール決められたことはとても嬉しく思います。しかし、逆転負けをしてしまったことはとても悔しいです。個人としても、フォワードとしてもっとボールを収めることやチームで勝ちきることなどの課題を、残りの期間で克服できるようにしていきたいです。

スケジュール

SPORTCHAIN CUP ALBIR U16
12月2日(月) 3-0 対 U-15メキシコ代表(Albir)
12月3日(火) 2-4 対 U-15スペイン代表(L'Alfas del Pi)
12月4日(水) 11:00 対 U-15イングランド代表(Benidorm)
12月5日(木) AM トレーニング
12月6日(金) AM/PM トレーニング
12月7日(土) AM トレーニング
12月8日(日) 10:00 対 U-15ロシア代表(L'Alfas del Pi)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

SPORTCHAIN CUP ALBIR U16

大会期間:2019/12/2(月)~2019/12/8(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー