JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、自信を持ってヨーロッパチャンピオンに挑む ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

ニュース

U-17日本代表、自信を持ってヨーロッパチャンピオンに挑む ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

2019年10月26日

U-17日本代表、自信を持ってヨーロッパチャンピオンに挑む ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

U-17日本代表は25日(金)、FIFA U-17ワールドカップブラジル2019のグループステージ3試合を戦うKlever Andradeスタジアムをチームで視察し、その後、森山佳郎監督とキャプテンの半田陸選手が開幕会見に出席しました。

優勝候補にも挙げられるオランダとの初戦に、森山監督は「最初に対戦できるのはラッキー。その後の大会を、『どこも怖くない』と自信を持って戦うことができる」とし、「スピードを活かし、ボールを動かして相手を揺さぶり突破口としたい」と話しました。半田選手も「後ろは身体を張って守り、攻撃陣もスペースをうまく使うシーンをつくれている」と、開幕を前にここまでのトレーニングの成果を口にしました。

スタジアム視察の前に行われたトレーニングでは、コンビネーションからのシュートやピッチを狭くして11対11のゲームを実施。選手たちは前日に引き続き高い集中力を見せていました。

U-20日本代表とU-17日本代表2大会連続で同時にワールドカップに出場するのは今回が初めてとなります(2017年、2019年)。将来のオリンピック、ワールドカップにつながるのはもちろん、森山監督は「レベルが高く、日常と全く違う強度の試合を経験することで、それぞれの“基準”が変わる」と説明します。世界の舞台を「わくわくする」と心待ちにするU-17日本代表の選手たちは、前回大会に出場した久保建英選手や菅原由勢選手のその後の活躍にも刺激を受けながら過ごしています。

FIFA U-17ワールドカップブラジル2019はいよいよ26日(土)に開幕。日本は午後からヴィトーリア市内で最終調整を行い、27日(日)20:00(日本時間28日8:00)から行われるグループDの初戦・対U-17オランダ代表戦に備えます。

監督・選手コメント

U-17日本代表 森山佳郎 監督
初戦は重要ですが、過度に緊張することなく迎えたいです。良い準備ができましたし、こちらはアジアチャンピオンとして、自信を持って思い切ってプレーしたい。オランダは攻撃の破壊力があり、ボールの保持力もあるチームです。かなり攻撃的な布陣でプレーしてくるぶん、こちらにもチャンスがあります。こちらはボール保持ができてスピードを活かすメンバーが揃っていますので、ボールを動かして相手をゆさぶって、なおかつスピードを活かして突破口としたいです。優勝候補の筆頭であるオランダと対戦できるのはラッキーです。一発目で一番強い相手と対戦することで、その後も「どこも怖くない」と自信を持って戦うことができます。臆することなく、いつも通り牙をむき出しにして戦います。

DF #3 半田陸 選手(モンテディオ山形ユース)
オランダは攻撃力のあるチームで、組織でもコンビネーションでも対戦相手を崩してきますし、個でも速くて上手い選手がいます。日本は、組織で戦っていきたいです。トレーニングのなかでも後ろは身体を張って守り、前はスペースを上手く使ってスプリントするシーンが作れています。長い時間失点ゼロが続けば相手は焦れてくると思います。

MF #16 山内翔 選手(ヴィッセル神戸U-18)
ワールドカップ初戦まで残り2日になりましたが、チームとして良い準備ができていると感じています。ワールドカップが開幕することに本当にワクワクする気持ちがあり、早く試合がしたいです。オランダという強豪との戦いで厳しい試合になると思いますが、チーム全員で一致団結して戦います。

MF #19 田村蒼生 選手(柏レイソルU-18)
代表に呼ばれること3回目にして、ワールドカップを経験できるという大きなチャンスを得たので、自分の手でそれを掴み取りたいと思います。チームとしてはベスト4以上を目指しているなか、団結力が必要不可欠であるとラグビー日本代表からも感じ取ることができました。チームに少しでも還元できるよう頑張ります。

スケジュール

10月15日(火) PM トレーニング
10月16日(水) AM/PM トレーニング
10月17日(木)~22日(火) AM/PM トレーニング
10月23日(水) PM トレーニング
10月24日(木) PM トレーニング
10月25日(金) AM トレーニング
PM 公式会見
FIFA U-17ワールドカップブラジル2019(10/26~11/17)
10月26日(土) AM トレーニング
10月27日(日) 20:00 グループステージ第1戦 vs U-17オランダ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月28日(月) AM トレーニング
10月29日(火) PM トレーニング
10月30日(水) 20:00 グループステージ第2戦 vs U-17アメリカ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月31日(木) AM トレーニング
11月1日(金) PM トレーニング
11月2日(土) 20:00 グループステージ第3戦 vs U-17セネガル代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
11月3日(日)~4日(月) TBC トレーニング
11月5日(火)、6日(水) 16:30/20:00 ラウンド16(ブラジリア あるいはゴイアニア)
11月10日(日)、11日(月) 16:30/20:00 準々決勝(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade
あるいはゴイアニア/Estadio Olimpico)
11月14日(木) 16:30/20:00 準決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
11月17日(日) 15:00
19:00
3位決定戦(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)

※関塚隆技術委員長は10月26日(土)から11月3日(日)までチームに帯同します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

大会期間:2019/10/26(土)~2019/11/17(日)

グループステージ:
2019/10/28(月) 8:00キックオフ(日本時間)
vs オランダ代表

2019/10/31(木) 8:00キックオフ(日本時間)
vs アメリカ代表

2019/11/3(日) 8:00キックオフ(日本時間)
vs セネガル代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー