JFA.jp

JFA.jp

EN

フィジカルフィットネスプロジェクト

アスリートチェック結果

アスリートチェック結果U-15
アスリートチェック結果U-16
アスリートチェック結果U-17
アスリートチェック結果U-18

測定項目
  • 1)身長(cm)
    床面から頭頂点までの垂直距離を表し、身体の発育のもっとも基本的な指標である。
  • 2)体重(kg)
    身体の総重量を示し、身長よりも後天的環境の影響を受けやすいため、栄養摂取やトレーニングにより変化する。
  • 3)体脂肪率(%):
    体重に占める脂肪の割合を示す。日本人プロサッカー選手の平均値は約9.3±1.5%である。
  • 4)除脂肪体重(㎏):
    体重から体脂肪量を引いた値であり、約48%が筋肉量であることから筋肉量を示す指標として使用されている。
  • 5)除脂肪体重/身長(㎏/m):
    身長1mあたりに占める除脂肪体重であり、日本人プロサッカー選手の平均値は約37.2±2.6㎏/mである。
  • 6)スプリントタイム(sec)
    光電管という通過センサーを用いて測定した10mと20mのスプリントタイムを示している。
  • 7)スクワットジャンプ(cm)
    膝関節を約90度に屈曲させた姿勢から反動を用いない跳躍であり、下肢の純粋なパワーを示している。
  • 8)カウンタームーブメントジャンプ<CMJ> 腕振りあり(cm)
    直立姿勢から反動動作と腕の振込動作を用いた跳躍である。
  • 9)リバウンドジャンプindex
    跳躍高を接地時間で除した値(RJ-index)であり、極めて短時間によるパワー発揮(いわゆるバネ)を示している。
  • 10)アロウヘッド・アジリティーテスト(sec)
    左右の方向転換を伴う敏捷性(アジリティー)を示し、スピードとボディコントロールを示す。
  • 11)Yo-YoインターミッテントリカバリーテストLevel2(m)
    40mダッシュ(20mの往復)を10秒間の休息を挟んで繰り返し、反復する高強度運動からの回復能力をみる。
  • 12)乳酸カーブテスト(m/min)
    トレッドミルを用いて各負荷で3分間ランニングを行い、血中乳酸濃度が4mmol/L(乳酸蓄積開始点)の走速度を測定する。このポイントから無酸素性(乳酸性)エネルギーの使われる割合が顕著となる。

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー