JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、初戦はオランダを3-0で撃破 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

ニュース

U-17日本代表、初戦はオランダを3-0で撃破 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

2019年10月28日

U-17日本代表、初戦はオランダを3-0で撃破 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

U-17日本代表は10月27日(日)、FIFA U-17ワールドカップブラジル2019のグループステージ初戦でU-17オランダ代表と対戦しました。日本は序盤こそ相手の攻勢に苦しめられましたが、粘り強い守りから徐々にペースを掴むと、FW若月大和選手(桐生第一高)の2得点などで合計3得点。相手の攻勢も最後まで跳ね返し、初戦を3-0の完勝で飾る最高のスタートを切りました。

注目の初戦に臨んだ日本の先発は、GKに鈴木彩艶選手(浦和レッズユース)、DFが右から畑大雅選手(市立船橋高)、鈴木海音選手(ジュビロ磐田U-18)、半田陸選手(モンテディオ山形ユース)、中野伸哉選手(サガン鳥栖U-18)、中盤の中央に田中聡選手(湘南ベルマーレU-18)と藤田譲瑠チマ選手(東京ヴェルディユース)、右に成岡輝瑠選手(清水エスパルスユース)、左に三戸舜介選手(JFAアカデミー福島U18)、そして前線には西川潤選手(桐光学園高)と若月選手が入りました。

日本は序盤こそやや硬さが見られましたが、「この4日間は特にオランダ戦を想定した練習を重ねてきた」と森山佳郎監督が語る強固な守備の組織はしっかりと機能。MF藤田選手が「ボールをどこまでは取りに行かず、どこで取りに行くかをハッキリさせながら対応できた」と胸を張ったとおり、相手の自由なビルドアップを許さず、逆にカウンターから惜しいシーンを作り出します。

そして迎えた36分でした。藤田選手からのパスを受けた西川選手がドリブルでボールを運んでDF間の狭い隙間を通すスルーパス。これを受けた若月選手が落ち着いて右足で流し込み、先制点を奪い取ります。さらに後半に入った69分にも「西川とは気持ちが通じ合っている」という若月選手が再び西川選手のアシストからゴールを決めて、2-0と点差を広げました。さらに77分にもVAR確認後にオランダのハンドを取った主審がPKの判定。これを西川選手が確実に決めます。日本は、オランダの反撃もDFの半田選手を中心にしっかりしのいで、失点をゼロで抑えます。

「本当に選手たちがボロボロになるまで走ってくれた」と森山監督が振り返ったとおり、一丸となって戦い抜いた日本が、初戦で欧州王者のオランダを下して勝点3を獲得しました。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
オランダの攻撃に対する守備の部分はしっかりトレーニングしてきましたし、(事前の練習試合の)ナイジェリア戦も失点をゼロに抑えられていたので守備については自信を持っていました。勝てる雰囲気をつくる、やれるムードをつくろうと思ってやってきて、実際に試合前のロッカールームから大盛り上がりで、「もっと緊張しろよ」と言わなければいけないくらいでした。選手たちはボロボロになるまで走ってくれました。

DF #3 半田陸 選手(モンテディオ山形ユース)
オランダは思っていたほどコンビネーションを使って攻めてこなくて、一発で裏を狙ってくるプレーが多かったです。そこを消せれば何とかなると思って、裏のボールへのケアは意識していました。ただ、簡単に収められてしまうシーンも多く、潰せないことも多かったので、そこは次への課題としないといけません。今日はみんなで体を張って守ることができたと思います。

MF #17 田中聡 選手(湘南ベルマーレU-18)
もちろん試合に出るつもりで準備はしていましたが、まずはベンチスタートだと思っていたので、先発でいくと言われたときはビックリしました。でも選ばれなかった選手たちの分までしっかり戦おうと思って試合に入りました。藤田選手も助けてくれたので、守備のところで自分の持ち味である球際で戦うところやボールを奪うところを出せた試合だったと思います。

FW #9 若月大和 選手(桐生第一高)
素直にうれしいです。たぶん自分が一番U-17ワールドカップという大会を楽しんだと思います。西川とは気持ちがつながっていて、(1点目は)目が合ってパスが来るのも分かったし、2点目も絶対に出してくれると思った。2本ともここしかないという場所に本当に通してくれたので、自分は決めるだけでした。押される時間が長くなる中でもしっかり後ろが守ってくれたのが勝因だと思います。

スケジュール

FIFA U-17ワールドカップブラジル2019(10/26~11/17)
10月26日(土) AM トレーニング
10月27日(日) 3-0 グループステージ第1戦 vs U-17オランダ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月28日(月) AM トレーニング
10月29日(火) PM トレーニング
10月30日(水) 20:00 グループステージ第2戦 vs U-17アメリカ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月31日(木) AM トレーニング
11月1日(金) PM トレーニング
11月2日(土) 20:00 グループステージ第3戦 vs U-17セネガル代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
11月3日(日)
~4日(月)
TBC トレーニング
11月5日(火)、
6日(水)
16:30/20:00 ラウンド16(ブラジリア あるいはゴイアニア)
11月10日(日)、
11日(月)
16:30/20:00 準々決勝(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade
あるいはゴイアニア/Estadio Olimpico)
11月14日(木) 16:30/20:00 準決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
11月17日(日) 15:00
19:00
3位決定戦(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)

※関塚隆技術委員長は10月26日(土)から11月3日(日)までチームに帯同します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

大会期間:2019/10/26(土)~2019/11/17(日)

グループステージ:
2019/10/28(月) 8:00キックオフ(日本時間)
vs オランダ代表

2019/10/31(木) 8:00キックオフ(日本時間)
vs アメリカ代表

2019/11/3(日) 8:00キックオフ(日本時間)
vs セネガル代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー