JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 藍住西FCスポーツ少年団(徳島県板野郡藍住町)

藍住西FCスポーツ少年団(徳島県板野郡藍住町)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

障がいの有無、男女問わず、いつでも誰でも参加出来る時に楽しく一緒に気軽にサッカーを楽しめることが目標です。

主な活動内容

サッカースポーツ少年団活動として毎週月曜日、木曜日、土曜日の週三回の17時30分から19時30分で活動中です。

私達のグラスルーツ宣言

障がい者サッカー=校区を問わず知的障がいや発達障がいで支援学級の子ども、放課後デイからの子どもの積極的な受け入れ。

女子サッカー=中学生年代への受け入れチームと連携しながら交流会、指導者派遣などを通して女子選手のサッカーの普及、裾野を広げる。

社会課題への取り組み=少子化、運動離れによるサッカー人口の減少を食い止めるため幼稚園との連携をしながら幼稚園年代からの積極的な参加を促していく。

上記宣言を具現化するための活動内容

障がい者サッカー=支援学級や放課後デイとの連携をしっかりと取り組み、情報共有の上で個々に応じて無理のない活動参加が出来るようにする。

女子サッカー=コロナ禍で今年度出来なかった『なでしこひろば』をコロナ対策を万全にしながら次年度は年間6回を目標に開催を目指し女子へのサッカー普及に取り組む。

社会課題への取り組み=少子化、運動離れ、コロナ禍による自粛、規制が活動を阻むが、万全な感染対策を取りながら安全第一に活動の幅を広げてサッカーの普及、サッカー人口の増加に繋げていく。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー