JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】U-16日本代表 Mirabror Usmanov Cup第2戦

ニュース

【Match Report】U-16日本代表 Mirabror Usmanov Cup第2戦

2022年08月26日

【Match Report】U-16日本代表 Mirabror Usmanov Cup第2戦

ウズベキスタンのタシケントで行われている国際親善大会『Mirabror Usmanov Memorial Cup 2022』に参加しているU-16日本代表は8月25日(木)、U-16ウズベキスタン代表と第2戦に臨みました。

森山佳郎監督を含む3名のスタッフが新型コロナウイルス陽性のためチームに帯同できないという状況の中、試合会場に出発する前のミーティングでは森山監督がオンラインで参加する形を取り、試合会場に到着後は選手たちが自ら率先してチームを盛り上げて試合に臨みます。

地元ウズベキスタンのサポーターの声援が響くアウェーの雰囲気の中で行われた試合、最初にチャンスを作ったのは日本でした。12分にFW木吹翔太選手(サンフレッチェ広島ユース)が左サイドを突破し相手ゴールにあと一歩まで迫りますが決めるきることができません。

すると35分、相手のショートカウンターからの抜け出しを阻止しようとしたスライディングがファールの判定となりPKを与えて失点。そして続く40分にはショートカウンターから相手FWに抜け出されたところでのやや後ろからのチャージが決定機の阻止とみなされてレッドカードの判定。1点ビハインドに加えて1人少なくなるという厳しい状況で前半を終えます。

3人の選手を入れ替えて後半に臨んだ日本ですが、57分には相手CKの流れから失点。その後は一人少ないながらもボールを保持して攻撃を続け、何度か決定機を作るものの得点を奪えずにいると、カウンターからサイドを突破され、85分に失点し0-3で試合は終了。難しい状況が重なった中、大差での悔しい敗戦となりました。

U-16日本代表は大会最終日の27日(土)にU-16イラン代表と対戦します。(詳しくはこちら

選手コメント

DF #4 小杉啓太 選手(湘南ベルマーレU-18)
今日の試合では先制されて焦りが生じ、10人の戦いになってからまた点を決められ、連続失点による流れの悪さを断ち切ることができず0-3という形になってしまったと思います。自分は後半から出場し、チームに勢いをもたらすことができなかったのが悔しいです。アウェーの環境、10人の戦い方など想定外の出来事に対して柔軟に対応して自分達の良さを発揮できるような強さが足りないと痛感しています。相手は一点決めて勢いに乗った状態で、ボールを持たれることも多かったので、自分たちがボールを持っている時間をもっと増やしたり丁寧にボールを繋がないと体力を消耗してさらに自分達を追い込む形になってしまったなと思います。自分はサイドからクロスを上げた時の質が低く、カウンターを受ける形になったり得点に結びつけられなかったことが課題だと思います。ゴールに向かう意識をもってシュートを遠くからでも打ったり、もっと自分がチームを勝たせる気持ちを貪欲に出していきたいです。アジア予選の前にアジアの相手に0-3という絶対に起きてはいけない結果になってしまいましたが、結果はもう変えられないのでポジティブに捉え、これが予選じゃなくて良かったと思えるようにしていきたいです。次のイラン戦に向かって積み上げを大切に勝利できるように闘います。

DF #17 瀬山航生 選手(浦和レッズユース)
1試合目のタジキスタン戦とは環境が変わり、スタジアムでのプレー、相手の声援があり完全アウェーな状態でプレーして自分自身こういう経験がこれまでなかったのでとても貴重な時間でした。試合を重ねるごとに選手同士のコミュニケーションも増え、連係も良くなってきたと思います。自分は前線で絡めるようにと意識しながら試合に臨んでいました。クロスの質や中に入ったときの左足のシュートなどもっと追求していきたいものがありました。0-3という結果をしっかり受け止めて次の試合に向けていい準備をしたいと思います。チーム状況は決していいとは言えませんが戦える選手、スタッフで一丸となって残りの1試合成長できる時間になるようにしたいです。

Mirabror Usmanov Memorial Cup 2022 ~ウズベキスタン遠征~

大会日程:2022年8月23日(火)~2022年8月27日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー