JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 川崎Fがストライカーの一撃で4連勝! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第7節

ニュース

川崎Fがストライカーの一撃で4連勝! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第7節

2022年05月16日

川崎Fがストライカーの一撃で4連勝! 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第7節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 EASTの第7節が5月14日(土)、15日(日)に行われ、各地で熱戦が展開されました。15日の前橋育英高校高崎グラウンドでは、今季からプレミアリーグへ新規参入したチーム同士の対戦となる前橋育英高校(群馬)と川崎フロンターレU-18(神奈川)の試合が行われました。

ピックアップマッチ

前橋育英高校 0-1(前半0-0、後半0-1)川崎フロンターレU-18

勝ち点16で首位に立つ川崎Fにとって、同12の前橋育英はここでたたいておきたい相手。対する前橋育英にとって、優勝を狙うためには落とせない一戦です。前橋育英の山田耕介監督は「相手のやりたいことをやらせないことをまず意識させた」という入念な川崎F対策をチームに施し、この試合に臨みました。

前橋育英はMF徳永涼選手(#14)が「相手はかなり嫌がっていた」と振り返ったとおり、全体をコンパクトにしながら、川崎Fが使いたいスペースをつぶし、入っていきたいであろうゾーンに人が立つ形で攻撃の狙いを遮断します。川崎Fの長橋康弘監督が「特に前半は、こちらのやりたいことをまったくやらせてもらえなかった」と振り返ったとおりの内容となりました。

しかし、山田監督が「結果として後ろに重くなり過ぎてしまった」と嘆き、徳永選手が「シュートまで行く場面が少なすぎた」と語ったように、前橋育英もまた思うような攻撃ができない流れが続きます。攻撃力が自慢の両チームにとってはフラストレーションの溜まる流れでしたが、勝負をものにしたのは「こういう展開で本当によく焦れることなく戦ってくれた」と長橋監督が振り返った川崎Fでした。

後半に入り、前橋育英にもFW高足善選手(#10)、小池直矢選手(#9)を中心とした攻撃の形ができてチャンスも生まれる中で迎えた69分でした。「本当にあの一瞬だけ隙をつくってしまった」(徳永選手)。この時間まで持ち味を消されることが目立っていたFW岡崎寅太郎選手(#20)が相手の隙を見逃しませんでした。得意のドリブルで切れ込んでのラストパスに対し、「(パスが)出て来ると思っていた」というFW五木田季晋選手(#9)が巧みな動き出しから抜け出すと、ファーストタッチから「感覚で狙った」(五木田選手)右足シュートを見事に突き刺します。ストライカーらしいゴールに歓喜の輪が生まれ、試合の均衡は突き崩されました。

その後は前橋育英が反撃に出る流れとなりましたが、川崎FはキャプテンのDF高井幸大選手(#4)がヘディングでことごとく競り勝ち、GK濱﨑知康選手(#21)も安定した対応を見せて隙をつくりません。そのまま1-0で逃げ切り、接戦を制して貴重な勝ち点3を積み上げました。

監督・選手コメント

山田耕介 監督(前橋育英高校)
全体をしっかりコンパクトにしながら、川崎Fさんの使いたいスペースを消して守るということはできていたと思います。ボランチのプレスバックもしっかりやれていて、相手が得意な内を突く攻撃をさせず、外回りにさせることができていました。失点シーンもそうですが、攻めに出たときにもっと裏を突くことができれば良かったし、反省点です。

MF #14 徳永涼 選手(前橋育英高校)
本当に悔しいです。チームはずっと集中して戦えていました。(ボランチの後ろのスペースに)岡崎選手が下りてくる、あるいは岡野一恭平選手(#11)が入ってくるところを意識して守っていたのですが、本当にあの1本だけやらせてしまいました。こういう競ったゲームで勝っていくのが上に行くチームだと思うので悔しいです。

長橋康弘 監督(川崎フロンターレU-18)
本当に前橋育英さんは素晴らしいチームで、手強い相手でした。私たちのやりたいことがほとんどできない試合になりましたが、逆にこういうゲームを乗り越えるとチームに力が付くと思っています。プレミアリーグは本当に楽なゲームが一つもないですし、それぞれチームカラーも違っているので、毎試合本当に良い経験になっています。

FW #9 五木田季晋 選手(川崎フロンターレU-18)
チームが苦しいときに1点を取れる選手になりたいと思っているので、今日みたいな試合で1点を取れたのは本当にうれしいです。GKの位置を確認してというより、感覚的にニア側が空いているかなと思ってシュートしました。攻撃がなかなかうまくいかない中で守備陣が本当に頑張ってくれていたので1点取れて良かったです。

その他の試合結果

大宮アルディージャU18 2-0(前半1-0、後半1-0)流通経済大学付属柏高校
青森山田高校 0-1(前半0-0、後半0-1)横浜FCユース
市立船橋高校 延期 柏レイソルU-18
JFAアカデミー福島U-18 2-2(前半2-0、後半0-2)桐生第一高校
FC東京U-18 1-4(前半0-1、後半1-3)横浜F・マリノスユース

大宮アルディージャU18(埼玉)は前後半に1点ずつを挙げ、2-0で流通経済大学付属柏高校(千葉)に勝利しました。青森山田高校(青森)と対戦した横浜FCユース(神奈川)は、84分に途中出場のFW庄司啓太郎選手(#38)のゴールにより勝ち点3をつかみました。JFAアカデミー福島U-18(静岡)と桐生第一高校(群馬)の一戦は、AC福島が2点を先行しましたが、後半に桐生第一が追い付き、勝ち点1を分け合いました。FC東京U-18(東京)との一戦に臨んだ横浜F・マリノスユース(神奈川)は、攻撃陣が4得点を挙げる活躍を見せ、2位に浮上しました。なお、市立船橋高校(千葉)と柏レイソルU-18(千葉)の試合は延期となっています。

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー