JFA.jp

JFA.jp

EN

サッカーe日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > eスポーツ・サッカー 2022年 > FIFAe Nations Cup 2022™ > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】サッカーe日本代表、FIFAe Nations Cup(世界大会)のグループステージ2日目

ニュース

【Match Report】サッカーe日本代表、FIFAe Nations Cup(世界大会)のグループステージ2日目

2022年07月29日

【Match Report】サッカーe日本代表、FIFAe Nations Cup(世界大会)のグループステージ2日目

サッカーe日本代表は7月28日(木)、デンマークのコペンハーゲンで行われている「FIFAe Nations Cup 2022」のグループステージ2日目の戦いに挑みました。

グループステージ1日目を1勝2敗2分で終えた日本は、ノックアウトステージ進出となるグループ4位以上を目指し、ドイツ・スウェーデン・フランス・UAE・ペルーとの2戦目に挑みました。

Round6 / vs フランス(●1-4)
フランスとの1日目の試合は0-2で落としている日本は、Web Nasri選手とAgu選手のコンビで必勝を期します。
ところが、キックオフ直後からフランスが主導権を握り、ボールポゼッションを行うと、前半8分にペナルティエリア内にドリブルで侵入し、そのままゴールを奪います。同点に追いつきたい日本は前がかりに攻め込みますが、フランスがその隙を見逃さずサイドを崩し追加点を奪います。このまま引き離されたくない日本は中盤で相手のパスをカットすると短いパスを繋ぎ反対サイドに展開、そこからのクロスをヘディングで合わせ1点を返し、前半を終えました。
このままの勢いで追いつきたい日本でしたが、後半開始直後に、ゴール前のクリアが短くなったところをフランスに拾われ失点。その後も追加点を決められ、1-4で痛い敗戦となりました。

Round7 / vs ドイツ(△2-2)
前日は0-3で完敗を喫したドイツを迎えるこの試合は、Web Nasri選手とAgu選手が躍動します。
積極的な前線からのプレスで相手DFのボールを奪い、そのままシュート。GKが1歩も動けない見事なゴールで先制点を奪います
勢いに乗った日本は後半にも中盤からの浮き球のスルーパスをダイレクトボレーシュートでゴールに突き刺す鮮やかな一撃で追加点。eワールドカップ王者率いるドイツに2点のリードを奪います。しかし、このままでは終われないドイツは逃げ切りを図ろうとする日本の消極的なプレーを見逃さず1点を返すと、日本の勝利が見えてきた80分にもう1点を返し、結果は2-2のドローとなりました。

Round8 / vs スウェーデン(●1-3)
前日はスコアレスドローとなったスウェーデンとの第2戦は、ドイツ戦同様、Web Nasri選手とAgu選手で挑みます。
試合開始直後からスウェーデンはペース配分を度外視した前線からチェイシングで日本にプレッシャーをかけ続けます。ボールを奪うと素早いパスでつなぎ、7分にスウェーデンの先制点が生まれます。
ノックアウトステージ進出のためにはもう負けられない日本ですが、序盤に奪われたこの失点が重くのしかかり、なかなかシュートにまで持ち込むことができません。試合終了が近づき、焦りの見える日本の不用意なパスをスウェーデンが見逃さずカットすると、そのまま素早くパスを繋ぎ追加点を奪います。85分に日本が1点を返すものの試合終了間際にさらに失点を許し、1-3で敗戦。この結果、2試合を残して日本のグループステージ敗退が決定しました。

Round9 / vs UAE(●0-3)
グループステージ突破はなくなりましたが、何とか勝利を手にしたい日本はAgu選手と黒豆選手のコンビで試合に臨みました。
しかし、この日3連勝と好調なUAEが日本のゴールに牙を剥きます。中盤からのパスをカットしようとした日本のDFをあざ笑うかのように体を入れ替えたUAEのFWがボールをうまく受けると、そのままシュートを決め、先制点を奪います。その後も好調さを維持するUAEは後半に2点を追加し、0-3で日本に勝利しました。

Round10 / vs ペルー(◯2-0)
グループステージ最終ラウンドは前日勝利を収めたペルーが相手です。いい形で大会を終えたい日本は、黒豆選手とWeb Nasri選手で試合に臨みました。
試合が動いたのは前半35分過ぎ、ペルーの中盤でのパス回しを日本の2選手がうまく囲い込みボールを奪取。そこから縦への浮いたスルーパスでFWの選手を走らせると、そこからダイレクトで中に折り返し、2列目から走りこんだ選手が得点を決めます。
前半を1-0で折り返した日本は後半も優位に試合を進めます。追加点が生まれたのは66分、日本が中盤でのボールキープから前線へつなぐとペナルティエリア内で相手DFをかわし冷静にシュートを決めました。このまま試合は終了し、2-0で今大会2勝目を手にしました。

サッカーe日本代表が初めて挑んだFIFAe Nations Cupは2勝5敗3分の勝点9、グループBで5位となり、グループステージ敗退という厳しい結果で幕を閉じました。

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー