JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第25回全日本U-15女子サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 「中学時代は毎日が楽しかった」植木理子選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)インタビュー前編 JFA 第25回全日本U-15女子サッカー選手権大会

ニュース

「中学時代は毎日が楽しかった」植木理子選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)インタビュー前編 JFA 第25回全日本U-15女子サッカー選手権大会

2020年12月09日

「中学時代は毎日が楽しかった」植木理子選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)インタビュー前編 JFA 第25回全日本U-15女子サッカー選手権大会

JFA 第25回全日本U-15女子サッカー選手権大会が12月12日(土)に開幕します。ここでは第19回大会で優勝を経験した植木理子選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)に、出場した大会や中学時代について聞きました。

オンライン取材日:2020年11月27日(金)

――全日本U-15女子サッカー選手権大会についてうかがいます。植木選手は中学2年の時、第18回大会に初めて出場しました。

植木 私たちは日テレ・メニーナ・セリアス(現日テレ・東京ヴェルディセリアス)の1期生で、中学1年の時がチーム創設1年目だったんですけど、東京都予選の最初のリーグ戦で敗退してしまいました。その時のチームはほとんどが1年生で、3年生が2人、2年生が1人という構成でした。この予選で負けた時に「いつか全国大会で優勝しよう」と目標を掲げ、2年生の時には出場できて、優勝を目指したんですけど、1回戦でセレッソ大阪堺ガールズに2-1で負けてしまいました。

――1回戦敗退で悔しさがあったと思いますが、第19回大会に向けてどのような気持ちがありましたか?

植木 全国制覇が目標だったのですが、1回戦で負けたことで自分たちの実力不足が分かりました。来年こそは、という気持ちがすごく強くなりました。

――その言葉通り、3年次の第19回大会では優勝しました。大会全体を通じて印象に残っていることはありますか?

植木 決勝の浦和レッズレディースジュニアユース戦は今でもすごく印象に残っています。私たちは準決勝まで無失点で、決勝で初めて先制されたんです。早い時間帯の失点(5分)で、焦りがなかったと言えば嘘になるんですけど、それでもチーム内の雰囲気はすごく良くて、全員が優勝、勝利に向かって取り組みました。

――決勝では先制された後、植木選手が12分、52分と2ゴールを決めて逆転し、2-1で勝利しました。

植木 失点した瞬間は暗くなりかけましたが、ピッチ内ではいろいろな選手から「もっとやれる」という声が出ていましたし、全体的にそんなに焦りはなく、それが逆転につながったのかな、と思います。

――優勝を目指して臨んだ最後の大会でプレッシャーもあったと思います。個人的にはどのような大会でしたか?

植木 中学1年の時には東京都の予選で負けて、2年時は全国の初戦まで行って、3年時は周囲からも少なからず「優勝しなければいけない」と見られていたので、そのプレッシャーは少しありました。でも、うまかったかどうかは別にして、勝負強くて、全員が勝利に向かって走ったり体を張ったりできるチームだったので、個人としてもチームとしても、勝つ自信はありました。

――中学生時代はどのような生活を送っていたのでしょうか。

植木 学校に行き、終わったらすぐに練習という毎日でした。今考えたらすごく目まぐるしい日々でしたが、それでもやっぱり練習に行くとサッカーが楽しくて仕方がなかったですし、みんなと会えるのもうれしかったので、そこまで疲れは感じなかったですね。親は「中学生の頃のあなたは本当に疲れていて、帰ってきたらすぐに寝ていた」と言うんですが、充実していてサッカーが楽しかったのが一番、印象に残っています。

――セリアス時代は将来的に日テレ・ベレーザ(現日テレ・東京ヴェルディベレーザ)でプレーすることを見据えていたと思います。“ベレーザらしさ”はどのように学んでいったのでしょうか。

植木 セリアスの時は練習場も別だったので、ベレーザの存在が遠かったというか、たまに試合の運営をしたり、練習場で選手を見かけたりした時に「ベレーザの選手だ!」ってなるぐらいでした。たまにベレーザの選手が練習に参加してくれることがあって、自分たちより何倍もうまいのにしっかり体を張っていたので、それはすごく学びました。

――植木選手ご自身も、相手に当たられてもボディバランスを崩さずにプレーできます。どのように身に着けたのでしょうか。

植木 中学1年で140センチしかないぐらい背が低くて、一方で足が速くてドリブルが好きだったので、いかに相手に当たられないか、相手の力を吸収しながらスピードに乗ってドリブルするかを常に考えていました。中学3年の時には身長が伸びてきて、そこからは相手に当たられても負けないようになり、相手の力をうまく利用することを考えるようになりました。

後編はこちら

大会期間:2020年12月12日(土)~12月28日(月)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー